【忘年会・新年会】お酒のすすめを角を立てずに断る方法9選


上司のような立場の方からお酒を勧められ、「下戸で飲めない」と断ったところ、

「俺の酒が飲めねえのか」とご立腹されたしまくまです。

 

関連記事:俺の酒が飲めないのかの意味がちょっとよくわからない -

 

f:id:shimakumasan:20180402214722p:plain

 

さて今回は、会社の飲み会、上司がいる飲み会にてお酒を断る方法を考察しました。

 

「アルコールハラスメントですよ」と諭すのも一つの手ですが、飲み会は基本的に楽しむための側面がありますし、歯向かっても良いことはありません。

 

権力には抗わず、真正面から対峙せず、ぬるっと煙に巻くのが吉です。

 ということで、お酒を角を立てずに断るには。

 

忘年会、新年会、歓送迎会。あらゆる場面でお役立てください。

 

「ドクターストップで」

何かしらの事情で、医者に止められてる。

 

が、理由を設定する必要があり、また気を使わせてしまう側面も。

 

気がとがめる方は、

「無理にお酒勧めてくる相手」:「相手に気を使わせる自分」=1:1

うん、おあいこ。

 

と頭の中で正当化させ自分を説得し、言ってみましょう。

「ドクターストップで・・・」

 

「遺伝子検査でわかったんですが、飲めない完全下戸タイプなんです

遺伝子検査が簡単にできる時代になりました。

 

「遺伝子」という言葉は強力で、ものすごい説得力があります。完全に相手は「なんも言えねー」。こうなりますね。

 

実際、とくに若いと自分が本当はどれくらい飲めるかわかっていない場合が多く、新歓などで体が受け付ける以上に急激に飲み過ぎ、最悪大事に至ってしまう痛ましいニュースもあります。

これを機にお酒を断るためだけじゃなく、自分の身を守るためにもサクッとチェックしておいてもいいですね。

 

たとえ結果が「大酒飲みタイプ」だったとしても、言いましょう。「遺伝子検査で、完全下戸タイプ・・・」。

 

 

 

「家族がアルコールがNGでして」

一緒に住んでいる家族がいれば、使えます。

具体的に「妻」「夫」「子ども」「猫」などのキーワードを当てはめ、言ってみましょう。

お酒飲むと家に入れてくれない、おかずが減る、口を聞いてくれない、台所で寝かされる、爪を立てられる、などプラスアルファを足し、同情を買いましょう。

 

「ウコンかと思ったら間違えて風邪薬飲んじゃったみたいで、お酒飲めなくなっちゃいました・・」

ウコンを事前に飲み、たくさん飲めるよう飲み会に備えたにも関わらず、うっかり間違えてアルコールを飲んではいけない風邪薬を飲んでしまった、という設定です。

 

先輩方が、飲み会に備えて「ウコンの力」を飲んでいたので、それをヒントに考えました。彼らが愛用していたのは「ウコンの力」の液体のものですが、顆粒もあります。顆粒じゃ、薬と間違えちゃいますよね!

 

顆粒のウコンの力という設定で、言ってみましょう。

「ウコンかと思ったら・・・」

「そんな私ばっかり恐縮です、ほら、〇〇さんもどうぞどうぞ!!」

オウム返し戦法です。注がれそうになったら返す刀ですぐさま対応。

 

「いやいやいやいや、ほら、〇〇さんも!! おーっとっとっと、はっは。」

 

勢いをつけて応戦し、うやむやにしましょう。繰り返せば、相手は気持ちよくなって酔っ払っい、こちらの飲み具合など覚えていないはずです。

 

お酌をされる際、目をじっと見る

もし、酒が飲めない人間が、武士の集まる酒の席に出席した時はどうするか。下戸の側も「私は下戸です」とは直接言いませんが、お酌をされる時に、お酌をする人の顔を見るのです。普通は盃のほうに目を下げるのが礼儀ですから、お酌する人に目を合わせるのは異例のことですが、これが「私は飲めません」の合図なのです。

                        (MAG2NEWSより)

江戸時代の武士の話で、この合図をすると、合図を察して口をつける程度しか注がないらしいです。武士の設定でやってみましょう。通じなかった場合、

「じつは今、武士になっておりまして・・・」と説明をしてあげましょう。

 

寝る

断りにくい相手がお酒を勧めてきそうな気配を察知したら、やおら寝てみましょう。

 

これも、同僚でお酒の席ですぐ眠る者がいたので、ヒントにしました。寝ると基本的に何も周りはできなくなりますから、効果あります。

 

「飲み会では途中で寝る奴」とキャラ付けしておくと後々ラクです。

 

やばい奴になる

諸刃の剣ですが、それきりの間柄の場合や、飲みの席だけで豹変する場合、効果を発揮するでしょう。

 

これはジャズシンガーの綾戸智恵の戦法をもと考案しました。

彼女がアメリカ在住時、ひと気のない場所で襲われそうになったので、相手を上回る頭がアレな人を演じ(具体的には尿を漏らしてみたとのこと)事なきを得たというエピソードをヒントにしました。

 

飲み会なのでここまでやる必要はありませんが、程度をわきまえ、想像力を駆使して演じてみましょう。ただ、諸刃の剣であることを忘れずに。

 

「お茶ロックで!」

らおやさんのツイートより引用。100点満点ではないでしょうか。正面から対峙せずにユーモアで乗り切る素晴らしい返答ですね。

さあ、さわやかに言ってみましょう。「お茶、ロックで!」

 

無理に飲む必要ない。 全力で回避を

お酒を無理に勧めてくる方々は、時代的にも減ってくるでしょうが、お酒の席は多いです。

 

しかし下戸としては全力でお酒を回避したい。と同時に相手の気分を害さないようにしたいですね。

 

上司は、残りの人生も少ないですから、余生は気分の良い時間を多く提供したいところです。自分や相手のキャラ、関係性、タイミングなどを考慮して、自分に合うものをためして見るとよろしいかと思います。

 

 

おしまい

 

 

関連記事です。

 

こんな記事もあります。