歌なしのインストバンドSAKEROCKだけど、じつは星野源の歌が聴けちゃう3曲

ドラえもん、NHKの朝ドラの歌を手がけるなど、星野源くんは目を見張る勢いの大活躍ですね。

 

さて、彼が率いておりました楽器だけのインストバンド、SAKEROCKの曲から3曲ご紹介します。ソロ活動とまた違った才能がまぶしいです。

SAKEROCKとは

2000年結成の歌が入っていない、楽器のみで演奏するインストゥルメンタルバンド。メンバーは、リーダーの星野源(ギター)、伊藤大地(ドラムス)、浜野謙太(トロンボーン)、田中馨(ベース、2011年脱退)、野村卓史(キーボード、2002年脱退)。
卓史くんは脱退が早かったことから、SAKEROCKとして語られる際はたいてい、源くん、大地くん、ハマケン(浜野謙太)、馨くんの4人のイメージです。

 

歌なしのインストバンドではありますが、じつは声や歌が入っていたりする楽曲が多くあります(そこがSAKEROCKらしい部分でもある)。

 

なかでも源くんの声がほぼ1曲聴けるものを主にピックアップしました。3曲中2曲がカバー曲。オリジナルではないカバー曲を聞けるのは貴重ですね(ってニセ明でカバーバリバリ歌ってますけどね)!

 

どれも45秒試聴ができるリンク貼り付けてあるのでぜひ。

(※と思ったら、amazonで試聴するものはスマホだと試聴できないようです。残念!!)

 

スーダラ節 

 

作詞:青島幸男、作曲:萩原哲晶

 

カバー曲です。昔からハナ肇とクレイジーキャッツの曲に救われてきたという源くん。中高生の頃、どん底に暗くて、青島幸男さんの詞が精神安定剤だったといいます。

 

ソロライブではこの曲を歌ったとき、泣いてしまう人が多くてびっくりしたそう。

 

私はオリジナルの「スーダラ節」は特に何の感想も抱いていなかったのですが、このSAKEROCK のカバーで好きになりました。気持ちがいいし、なんだか哲学的な感じがする。お酒飲みながら(飲めないけど)日なたでぼんやり聴きたい衝動に駆られます。

 

かつての番組「笑っていいとも」で、タモリさんと源くんが一緒に歌っていましたね(遠い目)。

 

 ※【PCで試聴可】下の画像をクリックするとamazonに飛ぶので、曲目リストにて試聴できます。(以下紹介する曲も全てこちらで試聴可)

 

収録CD:『songs of instrumental』/2006年

SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013』/2014年

 

おじいさん先生

 

作詞・作曲:星野源

ピエール瀧主演のドラマのサウンドトラックアルバムより。

 

歌詞見ずに聴いてたら「ん?」となりました。ん? え? あれ? と。

 

入れ歯、整形、夢精。驚かせてくれてありがとうございます。

 

ちなみに母校(自由の森学園)の生徒と合唱したバージョンもあり、高校生が合唱の真剣な歌声でこの歌詞を歌ってるのが笑えます。

おじいさん先生

おじいさん先生

  • SAKEROCK
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

合唱バージョンは以下でどうぞ。

おじいさん先生の合唱

おじいさん先生の合唱

  • SAKEROCK
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

収録CD:『おじいさん先生~サウンドトラック』/2007年

 SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013』/2014年

 

日本の人 

 

作詞:忌野清志郎、作曲:細野晴臣、編曲:星野源

 

細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美のユニットHISのカバー。

サケロックオールスターズ(サケロックに高田漣、ASA-CHANGが加わったメンバー)+寺尾紗穂さんでカバーしています。前半が源くんが歌っているパート。

 

オリジナルでは特に何も思わなかったのですが、このカバーを聴いたらとても好きになりました。

 

「わたしまってるわ お茶の支度をして」の部分が琴線に触れます。メロディーと歌詞(特に「お茶の支度」)の具合にビビビッとくるんですね。ここは寺尾さんが歌っていて、この部分を楽しみにしてワクワクしながら聴いてます。

 

※【PCで試聴可】試聴は以下URLをクリックした先の曲目リストでできます。 

SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013

 

※HISのオリジナルは、以下より試聴できます。

日本の人

日本の人

  • HIS
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

収録CD:『SAKEROCKの季節 BEST2000‐2013』/2014年

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-』/2007年 ←いいアルバム!

 

まとめ

SAKEROCKの曲で主に源くんの歌が聴けるオススメの曲は以下の通り。

・スーダラ節

・おじいさん先生

・日本の人

 

【PCで試聴可】試聴は全曲以下の画像をクリックしたのリンク先、amazonの曲目リストで45秒試聴できます。

 『SAKEROCKの季節 BEST2000-2013』

 

【スマホ、PCで試聴可】以下の「おじいさん先生」はスマホからも試聴OK。

おじいさん先生

おじいさん先生

  • SAKEROCK
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

ちなみに、ほかにもSAKEROCKの曲で源くんの声が聴ける曲はあります。

「ア〜アーアーアアーアー」や「ララララララー」や、ほか一瞬だけ声が聞こえるものが主になりますが。ということで今回は長めに彼の声を堪能できるものを選びました。

 

【余談】

※SAKEROCKや、源くんの昔の活動の様子は、seppakuさんのブログが詳しいです。

当時のオンタイムでの内容で、詳しく熱を持って書かれているので、昔の様子をオンタイムで知りたかったなあという人はとくに良いですよ。

SAKEROCK周辺のことに詳しい。seppakuさんのツイッターもあります。

 

【余談その2(2018.7.7追記)】

益田ミリさんの『今日の人生』で、源くんの歌の話が出てきました。

f:id:shimakumasan:20180707134609p:plain

おお!!

f:id:shimakumasan:20180707134705j:plain

おおおー!!!

 

 

 

おしまい 

 

\関連記事だよ/