暑い、でおなじみ群馬県館林市。地元民推し! おすすめグルメ3選

 

群馬県館林市は「暑い」街として近年有名ですね。

じつは特急電車で浅草から約1時間と、意外と東京と近い街です。

 

 

f:id:shimakumasan:20180409144305j:plain

アド街ック天国でも放送されていました

 

館林を訪れる機会が度々あるのですが、これからご紹介するのは、すべて地元が館林の方々から教えていただいたオススメ店です。

 

ということで、以下ご紹介するものは何度も行きましたが毎度美味しいお店です。

あんなに売れているのに、その名にあぐらをかかず、美味しい味をずっと提供できるなんて、そこも含めて素晴らしい。

 

本当に好きなお店3つです。

 

東京に住んでいる人も横浜行く感覚で館林に行ってラーメン食べよう、そうしよう。

 

ラーメン「自慢亭」

f:id:shimakumasan:20180603091246j:plain

しょうゆラーメン。見てください、このスープの美しい色ったら! もう美味しい。

 

 

手打ちラーメンの自慢亭。先日久しぶりに行きましたが、相変わらず美味しい!

麺も、スープも最高! 大好きです。

 

私は普段、基本は味噌ラーメンを食べるのですが、自慢亭では醤油ラーメン(580円)をとくにオススメします。スープ金色。麺は平打ち。

 

先日は80代のおばあさんも一緒に行ったのですが、「いつもはラーメンのスープは飲まないけど、ここのは美味しいからいくらか飲んじゃったよ」の談。

 

餃子も美味しいです。ここは餃子も評判が良い。

f:id:shimakumasan:20180603092023j:plain

写真は2人前

 

12時と、14時あたりが空いてると教えてもらったのでまず12時に行きましたが、

休日だったのでどちらの時間帯も列が。14時の方が若干列は少なめ。

ですがラーメンなので回転は早く、待ち時間は10分ほどでした。

 

ちなみに平日14時に行ったところ、すぐ入れて、席も空いていました。

料理が出てくるまで少し待ちます。10~15分くらい?

 

それと、夕方になるとスープの味が落ちる。。らしい(地元民談)。

 

f:id:shimakumasan:20180603092204j:plain

麺を手打ちしているところが見れます。こんな美味しいものを作ってくれて、みんなを心底満足させてくれるラーメンを作ってくれる彼らに、私がお金持ちだったら、感謝と大満足の印として、差出人不明にして大量の寄付を送りたいくらいです・・・

 

カウンター、テーブル、座敷の席があり、子連れも入りやすいですし、乳児も畳の上にゴロンとさせられます。

駐車場はお店の前と、道路を挟んだ向かいにもアリ。

 

retty.me

 

とんかつ「福よし」

こちらも館林の繁盛店。サクッとジューシーなとんかつです。

ここのソースが美味しさを増長させていると思う。

 

とくに驚くような何かがあるわけではないですが、美味しい!と言い切れる。

(美味しいとしか言えなくてすみません・・・)

お腹いっぱいになりますし、ご飯食べたなあ〜、あー美味しかった! と満足感のあるお店。全部のメニューを試したわけではないですが、

悪く言う人を聞いたことないので何頼んでもアタリかと思われます。

 

http://福よし.net

 

 

クレープ「ベルボア」(Bell Bois)

急にデザートです。一応座れる場所はあるものの、基本はテイクアウト。

好きなトッピングを自分で選んで頼む方式です。

 

自家製の生ホイップクリームがオススメです。

 

トッピングにもよりますが、一般的なクレープ屋さんよりも安くて嬉しい。

安くて、自分の好きなものを選んでトッピングできるところが好きです。

 

また甘ったるすぎないところも良い。

驚くような味があるわけではないですが、正真正銘のクレープです。

クレープを食べたい方はぜひ足を運んでみてくださいませ。

 

お店にあるメモ帳にトッピングしたいものを書いて、渡します。

一枚びりっと破いて書くのではなく、メモ帳のまま記入する。

ペラにしておじさん(超元気)に渡すと「そのまま渡してもらわないと困っちゃうよォー」と言われますよ。

 

retty.me

 

(夏だけだから)番外編:かき氷「やぎや」

近年「暑い」ことで名を馳せている館林。そんな時はかき氷!

「やぎや」は夏はかき氷屋さん、冬はたい焼き屋さんです。こういった商売の仕方、いいですよね。

 

目安としては、以下の通り。

たいやき:9月末~4月末
かき氷:5月上旬~9月中旬  

                 (食べログより引用) 

かき氷は膨大な数のメニューが。素朴な作りのこのお店が大好きです。

夏お店に入ると、

「暑い・・・暑い〜〜・・クーラーないのか・・暑すぎる・・」

そして注文。

「うまい・・・大盛でテンション上がるし冷たいし美味しい。。

 あれ。体温、室温、丁度いい!! だからクーラーないのか、さすがだな」

と毎回なったもんです。

最近はかき氷屋も増え、大抵大盛ですが、当時かき氷といえば露天のかき氷だったので、驚くには十分なビジュアルでした。

 

地元の人たちに愛されているお店です。

ちなみにたい焼きは、はみ出そうなあんこが特徴。皮よりもあんこに比重があるたい焼き。

贅沢な気持ちになるたい焼きです。

 

retty.me

 

駅から歩いて行けるお店もあるよ 

夏のイチオシが「やぎや」。夏だけなので番外編でのご紹介でした。

 

東京の浅草から、特急の「りょうもう号」で約1時間。特急に乗らなくても、約1時間半。

また数時間に1本は浅草から乗り換えなしで行ける東武線の電車もあります。

夏、どのくらい暑いのか、サクッと体感しに行ってもいいかもしれません。個人的には、それほど暑くないと思うのです。

 

基本的に群馬は車社会ですが、「自慢亭」と「ベルボア」は、館林駅から歩いて行けますよ! 15分もあれば着きます。

美味しいものってなんでこんなに幸せになるんでしょうね。

 

 

おしまい

 

 

\関連記事だよ/

shimakumasan.hateblo.jp