20代前半〜半ばで転職するとき、なるべく避けたい職種9つとその考え方

f:id:shimakumasan:20190109001733j:plain

 

自分が若いときは感覚としてわかりにくいですが、あなたは金の卵です。

 

人生何するにも遅いということはありませんが、

現代日本で会社での就職を考えるとき、20代半ばまでなら何にだってなれますし、どうにでもなれます。

 

新卒の頃「金の卵だよ〜」と先輩によく言われたもんですが、当時はよくわかりませんでした。が、20代後半になるころから先輩の言葉がひしひしと理解できるようになった今(今はもう30代なので余計わかるように・・)、私はとても伝えたい。

 

何にだってなれるから、若い時間をムダにしないほうがいいと。

正確にいえば、「難易度低い状態で」何にだってなれる、が近いかもしれませんが。

 

ということで、本記事はおもに

 

・20代前半〜20代半ばで転職を考えている人

・転職を考えているけど、職種を迷っている人

 

に向けた内容になります。

 

若い時間をムダにしないために、転職するときになるべく避けたい職種についてお伝えします。

 

おじさん・おばさんになってもすぐにできる仕事は避ける

 若さというのはなかなか最強なカードでして、学校を卒業したばかりの何のスキルもない人間を会社は受け入れ、そして教育までしてくれます。手取り足取り業務を教えてくれます。

 

しかし会社は同時に非情な場所でもありまして、歳をとると「基本的には」スキルがないと受け入れてはくれません。

 

そう、この「基本的には」がポイントです。

 

職種によっては、年をとっても、いつでも受け入れてくれる働き場所がけっこう存在します

 

だからこそ若いときに転職する際、避けるべきはここのゾーンです

 

なぜならいつでもこれらの職種には鞍替えできるから。

 

年をとって、おじさん・おばさんになっても、すぐに働ける職種は避けたほうが、その後の人生の自由度が上がります。

 

なるべく避けたい具体的な職種

f:id:shimakumasan:20190109001759j:plain

 

 具体的にはどんな職種かというと

 

・一般事務

・アシスタント(営業アシスタントなど)

・受付

・介護スタッフ

・ドライバー

・販売スタッフ

・コールセンタースタッフ

・接客業

・清掃業

 

この辺は、いつかやりたいと思った時に未経験でも始められます。

 

やりたい職種なら、今すぐやろう

とはいえ誤解しないで欲しいのですが、ご紹介した職種でピンときたものや、やりたいと思った職種があれば、避けるのではなくぜひ働いてくださいね。

 

本記事は職種を決めかねている人に向けての内容です。

 

もしやりたいこと、自分にできること、適職がはっきりしている場合には、先ほど紹介した「避けたほうがいい」に入っていても始めたほうが幸福度が高くなりますし、早くエキスパートになれますからね。

 

その道のプロは重宝されるので、やりたいことがすでにハッキリしているなら早速始めましょう。

 

 どこでも通用するようなスキルを身につける

f:id:shimakumasan:20190109002017j:plain

 

さて、若いうちに身に付けたいのが、何かしらのスキルです。それもあらゆる会社で通用するようなスキルであることが重要です。

関連記事>>押さえたいのは一つだけ! 転職するときの、仕事の選び方【人生の難易度を下げる】

 

年齢を重ねてから転職を考えることはよくあることです。

 

ところが、例えばコンサルになりたいと思っても「法人営業経験が3年以上ある方」、金融系を検討しても「銀行・証券会社でのシステム実務経験が5年以上ある方」など “経験者求む”の壁に苦しめられるのです。

 

20代後半あたりから、何かしらスキルがないと転職が厳しくなる印象がありますね。

 

もちろん年を重ねたからといって転職できないわけではないですが、スキルがない場合、単純に年収が落ちます

 

誰でもすぐにできる仕事、いつだって未経験可で募集している職種は、

往々にしてキツイ、もしくは賃金が安くなります。もしくはその両方ですよね

心からその仕事が好きだったり、適性がないと厳しいです。

 

それに働くからには、スキルを積み上げていきたいし、稼ぎたいと思いませんか。

 

雪かきのように単純作業ではなく、働くことで知識やスキルが伸びていく仕事の方が、満たされるし楽しいような気がします。

 

20代半ばまで就いた業界や職種は、引きずる

では、年を重ねてからの転職がスキルや経験が大事だとすれば、20代で決めた職種や業界にその後も就くことになるのか? といえばその通り。

 

会社で正社員で働くことを考えた場合、およそ20代半ばまでに就いた職業や職種に引っ張られます

※男性なら年齢はもうちょっと上がると思います(周囲の経験談より)。

 

なので自分が何に適性があるのか、何がしたいのか・できるのかなどをよ〜く吟味して職種選びをするといいですね。

 

私はアラサーで未経験業種に転職しましたが、色々紆余曲折がありました。運が働かないと、ちょっと長引く、もしくは決まらないと思います。

関連記事>>女性の転職は何歳まで? 未経験職種に転職した私の場合。「30代だったら採用しなかったかも」

 

スキルがあるといろんな意味で稼ぎやすい

とはいえ肩肘張って頑張りすぎても転職活動は息切れしてしまいますから、肩の力抜いていきましょう。

 

ただしつこいようですが、スキルを会社でつけておけば、その後稼ぎやすいです。

 

転職するにしても、副業するにしても、独立するにしても、スキルをつけておいて損はないですからね。

 

 まとめ

f:id:shimakumasan:20190109002442j:plain

 

なんだか話がずれてきてしまったような気がするのでまとめます。

 

本記事でお伝えしたいことは大まかに二つ。

 

・おじさん・おばさんになったときに、未経験でもすぐに働ける職種は避ける。

 なぜならいつでもその職に就けるから。それに給料もそんなよろしくない。

 

・若いうちは、将来「未経験OK」にならないような職種を選び、スキルをみがく。

 なぜなら若いときでないと採用されないから。そしてスキルがあれば、稼ぎやすい。

 

 では肩の力を抜いて、若さをフル活用してくださいね!

 

 

おしまい

 

\関連記事/