20代の人に伝えたい。若いうちにやっときゃよかった! 30代になって初めて知った、衰えた部分

f:id:shimakumasan:20181213151330j:plain

 

30代のしまくまです。

 

30代になって如実に衰えた部分があるのでお伝えします。20代のうちに、とくに25歳くらいまでにやっときゃよかったと本気で思っています。

 

とくには年齢での衰えを感じていなかったのですが、1点だけ確実に「衰えた」自覚があります。

 

「語学、知識」に関する記事です。

 

友人との話していて「あるある」な話だということがわかりました。

 

 

 20代前半までに覚えた英単語だけしか、すぐに出てこない

英語で話しているとき「何だっけ、あの単語」ってときありますよね。

 

そのときスッと出てくる単語は、25歳くらいまで、とくに大学生の時までに覚えた単語ばかりだということに気づきました。

 

普段使わないような専門的な単語や、難しい単語でも「何だっ・・・あ」とパッと口をついて出てきます。頭に浮かぶより先に口から単語を発してるイメージですね。

 

30代になってからも、英単語を覚えましたがどうも体になじむのが遅い。

 

「あーこの単語、覚えた。知ってる、はずなんだけど・・・」とスッと出てこなくなりました。学習の定着も遅い気がします。

 

もちろん覚えられるのですが、繰り返し繰り返し学習しないと、きちんと体になじまない。

 

何というか、本当に感覚として単語が入っている脳の部分が違う気がします。口をついて出てこないって、結構ストレスになるんですよね。

 

 

 同じような文型でばかり話している

先ほどの「英単語」と同じような話なのですが、どうしても同じような、好きな?文型ばかり使ってしまいます。

 

同じ文型ばかりだと、相手も自分もちょっと退屈・・。

日本語で「あれはバナナです。私はバナナが好きです。バナナは黄色いです。バナナは5個あります」なんて話し方されたら、つまらないし、リズムがなくて単調で飽きますよね。

 

高校生の頃、仮定法過去をおざなりにしました。

 

そしたら20代後半で改めて使おうと思っても、一度頭で考えてしまう。そして多分間違った使い方しています。

 

新しい言語を覚える気持ちが失せる

大学生の頃までは、海外に行くと現地の言葉を覚えたかったし、覚えるのが楽しかったです。

 

単語だけでなく文章でも覚えたり。

 

それが自分の場合は、26歳以降ですね。

 

意欲も湧かないし興味も湧かなくなりました・・・。「水」だけは現地の言葉で言えるようにしますが、それ以外はもうダメですね。

 

どちらがいい・悪いはありませんが、意欲や、現地の言葉に対する好奇心、覚えるキャパシティなど、その辺が小さくなったのだと思います。

 

20代までについた知識は健在

これまでは語学についてお伝えしましたが、他の知識についても同様のことが言えます。例えば歴史や科学など、学生時代に興味を持って覚えたことは忘れません。

 

20代後半頃からでしょうか、興味を持って勉強したことでも、簡単に忘れるようになりました。きちんと説明ができなくなります。理解が浅いのかもしれませんが、実践を伴わないとなかなか定着しません。

 

20代前半の頃までにつけた知識は、実践を伴わずして覚えていたのですけどね。

 

 

【朗報】30歳で留学行っても、もちろん習得できる

とはいえ、本気でやれば習得できるのは間違いないです。

 

友人は30歳で約1年中国留学に行き、中国語ペラペラになって帰国し、中国語を使った仕事に就くようになりました。

 

日本にいても、語学を本気で習得しようとすれば、できると思います(←自分が本気で実践してないので断言できませんが・・、習得している人は実際にいます)。

 

 

人生の前半は学習 

f:id:shimakumasan:20181213151637j:plain

 人生の前半戦、18歳まではほぼ義務で学習が詰め込まれていますよね。

 

もちろん知識や教育なしに社会に出れないという側面もありますが、若いうちに勉強するようプログラムされているのは、理にかなっているなあと30代になって急に思うようになりました。やらなくていい勉強も、もちろんありましたけどね。

 

当然、学校を卒業したからといって、学習はしなくてオッケーというわけではないのですが。

しなくても生きていけますが、興味を持った対象への学習を続ける方が当然楽しいですし、あらゆる意味で人生のプラスにもなります。

 

子どもの頃に覚えた歌は、歌詞の意味はわからなかったのにスラスラ大人になっても出てくるように、20代までにつけた知識は、自分の根底からなくならず30代以降の人生でも大変助けになるなあと思った次第です。

 

特に学生のうちは、本当に学習に打ち込められるんですよね。

私は遊んだり、ボーッとしたりバイトばかりしていましたけど、もっと貪欲に、興味のあることをどんどん学習しておけば、その後勉強する時にラクだったり、人生イージー化が加速したはずです。

 

興味のあることや、得意なことをどんどん伸ばすような勉強は、いつからでも遅くない。だけど若いときに始めた方が、断然効率もいいし、その後稼ぎやすくなります。

 

若いうちは何より時間があります。

 

学生 < 社会人 < 社会人+結婚 < 社会人+子どものいる家庭

 

こんな感じで時間がなくなっていきますので。もちろん時間は作れるけど、その分犠牲になるものがありますから。

 

この後時間がたっぷりあるのは定年後&子どもが巣立った後です。もうあっちの世界の階段がすぐそこに来ててもおかしくない歳ですね。

 

チコちゃんじゃないですけど、25歳までの私に言いたい。ボーッと生きてんじゃねえよと。

 

 

 

おしまい