アーモンドピーク ロバート秋山のマイクロズボラカードの記録。グリコが本気出してきた?

2018年夏の記録として残します。

 

グリコのアーモンドピークにロバート秋山さんの「マイクロズボラ」というカードが同封されていました。

夏が終わったらなくなっていたので、2018年夏の企画だったのですね。

 

f:id:shimakumasan:20181003002902j:plain

途中から集めるようになりましたが、どっちにしろかぶりがち

 

これがマイクロズボラです。

 

アーモンドピークを食べまくっていた頃、いつものように購入。そしたら突然このカードが入っていたので私にとっては突然の出来事。グリコの意図まったく読めず。

 

赤ちゃんに渡したら噛んだり折ったり口に入れたりして遊んでいたので役に立ちました。

f:id:shimakumasan:20181003003426p:plain

f:id:shimakumasan:20181003003711p:plain

なぜこんな画像暗いのだろう

 

秋になった現在も役立ってます。

 

レディのライフハック、それがマイクロズボラ

 たしかパッケージに「ロバート秋山のマイクロズボラブロマイド入り」と買いてあって、意味がわかりませんでした。ロバートの秋山さんしかわかりませんでした。

 

マイクロズボラって何? って思ったのが最初で、次に頭に浮かんだのが「マイクの部品・・」「電子レンジ(microwave)の何かだろうか」といった具合でまったく見当がつかず。その上ブロマイドですからね。

 

f:id:shimakumasan:20181003072639j:plain

f:id:shimakumasan:20181003072706j:plain

 

カードを見て「ああ、ズボラか、あのズボラか」とようやくわかったわけです。

 

調べると

「マイクロズボラ(小さなズボラ)」の意らしい。

 

おおっぴらには言いにくいけど…
ついついしちゃう、ちょっとしたずぼら…
それがマイクロズボラ!

今日もした?明日もする?いいじゃない!
だって、家事に仕事に子育てに、ますます忙しい毎日。

省エネで結果よければ、ザッツオーライ!
ビジーなレディのライフハック、それがマイクロズボラ!

(出典:ロバート秋山の「マイクロズボラ」|グリコアーモンドピーク)

 

 またある日アーモンドピークを購入すると、秋山さんのカードの同封が終わっていました。

 

それから少し経ち秋になった頃、テレビCMで「イージーごほうびーんぐ〜」と秋山さんの声が聞こえ、振り返るとチューチュートレイン的な感じでギラギラ踊っているアーモンドピークのCMが流れていました。

 


アーモンドピーク ロバート秋山「あげちゃいなよ」篇 グリコCM

 

 おお、この方向性で行くのか。とこのCMを見たときにようやく腑に落ちました。

 

というのもマイクロズボラカードがアーモンドピークに入っていることに唐突感を覚えていたんですね。

 

ここにきてようやくマイクロズボラカードと、アーモンドピークが示す方向性が一致したことで唐突感が解消され、スッキリしました。

 

秋山さんの前は女優の尾野真千子さんによるアーモンドピークのCMでした。

そのCMもちょっと違和感のあるというか、なぜこの作りにしたのか? と思わせるようなCMだったのですが(なんか怖い)

 


アーモンドピーク 「尾野真千子 の本音」篇

 

飾らない、頑張らない、庶民派チョコレートと印象づけたいのかなあと少々モヤっと感が残るCMでしたが、この頃から「肩に力入れなくていいよ」具合を出したかったのかもしれません。

 

グリコが本気出してきた気がする 

マイクロズボラカードを皮切りに、本格的に方向性の変換に舵を切ったグリコという印象ですが、なかなかお金をかけてきています。

 

まず秋山さんのCMで気合を感じましたが、そのほかに現在、ごほうびキャンペーンを行っています。

 

f:id:shimakumasan:20181003080410p:plain

純金箔マスク

 

f:id:shimakumasan:20181003080446p:plain

ダイヤモンド・・・!?

 

マイクロズボラの「ズボラしちゃいなyo!」からの「ご褒美あげちゃいなyo!」。

 

純金箔、ダイヤモンド・・・! このお金のかけ方よ・・。一体どうしたのでしょう? 担当者が替わったのか、会社をあげてアーモンドピークに力をより注ぎ始めたのか、何かが吹っ切れたのでしょうか。それとも俺はまだ本気出してないだけだったのでしょうか。

 

金箔マスクプレゼントはバーコード2枚で応募できます。

(締め切り2018年12月25日)

アーモンドピーク 純金箔マスクプレゼントキャンペーン|グリコ

 

アーモンド形ダイヤネックレスはtwitterで♯ごほうびングをツイートします。

究極のご褒美をあなたに。「ごほうびングTwitterキャンペーン」|グリコアーモンドピーク

 

企業が本気出すところ見たい

以前グリコの工場見学に行きました。

 

江崎グリコの創業者は江崎利一さん。工場見学ではグリコの歴史も見られるのですが、やはり創業者なだけあってロックな印象を受け、さらにグリコのチョコレートの歴史を調べてるとさらにロックな印象は強化されました。

 

グリコーゲンを使って事業をしようと思いついたり、おまけをつけたり、商魂たくましく客もうれしいグリコの自動販売機を設置したり、アーモンドチョコのパッケージにめちゃこだわって無理言ったり。

 

江崎グリコを大きくしていった創業者ですから、破格な人物には違いないです。

 

しかし現在のグリコは尖った感じはしないですよね。あくせくももがきもせず、緩やかに歩いている感じです。大企業ですから当然かもしれません。

 

なので急に大金投下しているのを目の当たりにすると、ただの一消費者なのですがうれしくなるもんですね。ちょっと本気出してきた感じが気持ちいいです。

 

話は逸れますが、ガリガリ君(赤城乳業株式会社)は知らない人がいないほど有名ですよね。

天下のガリガリ君の名にあぐらをかかず、どんどん新しい味を出して手を変え品を変え消費者を飽きさせないように努力しているのを見ると、感動すら覚えます。

 

挑戦しているのを見ると清々しい気持ちになりますし、企業が工夫を凝らしてくれるとワクワクします。

 

逆に、例えば有名な観光地で行ってガッカリ、ってありませんか?

黙っていても人が来るもんだから、有名な観光地の名の上にあぐらをかいていて努力の影すら見えず、時代が止まったかのようなところを。

 

見方を変えれば「そこが味があるってもんだ」ともできますが、ひどいところは本当にドイヒーですよ。腹立たしさすらわきあがってくるってもんですよ。

 

ということで企業が力を入れているのはいいもんです。消費者は、変わって欲しくないと思いながらも驚きたい、新しいものを見たいと本心では思っているものです。

 

30代以上の女性に人気のアーモンドピーク

さてアーモンドピークは、30代女性以上の女性によく売れているそうです(江崎グリコ実施の消費者調査データより)。

 

なるほど、だからマイクロズボラも「子どもより遅く起きちゃってもいいよ」「甘えちゃいなよ、スーパーの惣菜に」など主婦向けメッセージなのですね。

 

最近世の中の流れが「つらいなら逃げていい」や「子育て大変だから頑張りすぎないようにね」という流れになってきましたね。頑張れ頑張れと言われまくるよりよっぽど良いです。

 

区が主催の赤ちゃんイベントに行くと、運動するイベントだとしても最初に「みなさん・・頑張らなくていいんです」といった具合で大抵スタートします。

ふつうに職員の方と会話をしていても、こちらが頑張っている前提でちょいちょい「いいのよ〜、頑張らなくて」と挟んできます。

 

しかしながらこれは過剰と言っていいほどのスピーチです。なぜなら私の場合は全然頑張っていないから。世の人とは、日常的にそんな頑張っているのでしょうか? 私は本気のグータラのめんどくさがり屋で頑張れないので、もっとドライにイベントを始めてもよいのではないかと思ってしまいます。

毎度会場がしんみりした雰囲気になっていていたたまれなくなるのです。

 

アーモンドピークの味

話がかなり逸れてしまいましたが、アーモンドピークはみなさん好きですか?

 

私はは好きですが、ちょっとざりっと甘さが過剰ではないかとも感じます。

 

アメ焼き製法がグリコにとって重要であることもわかりますが、チョコ1粒とアーモンドの大きさをあのままにするならば、もっと弱いアメ焼きがいい気がする。もしくはチョコとアーモンドの比率を変えてアメ焼きはそのままなどでしょうか。

 

気になるのなら食べなければいいわけですが、食べちゃうんですよね。近所のマツキヨの手の届きやすい位置に売られていて、甘いものが欲しくなるとマツキヨついでについ・・。なので一消費者の好みの話として残しておきます。

 

 

おしまい

 

 

\あわせてどうぞ/