【いつでも食べたい】超絶おすすめ! 甘じょっぱいお菓子・おせんべい9選

 

甘じょっぱい食べ物は、クセになる。

 

期間限定の柿の種チョコバーを食べてから、甘じょっぱいお菓子ブームがただいま自分の中で再燃中。

関連記事:【久しぶりに自分の中でヒットしたアイス】ロッテ 柿の種チョコバーのレビュー

 

ということで、おすすめしたい甘じょっぱいお菓子・おせんべいをまとめてみた

心が動くものがあれば、ぜひ食べてみてほしい。

 

 

あまりにおいしい。甘じょっぱいお菓子5選

 

ポテトチップチョコレート  : ROYCE'(ロイズ)

 

毎日パクパク食べられるようなお値段ではないが、激うま。開発してくれた人に直接あってお礼を言いたい。やみつきになる。

 

【amazonで買う場合の注意点】

ただamazonでは数年前の口コミではあるが、届いた日から賞味期限が短い(5日間など)などが散見。私の場合は瞬殺なので問題ないが、気になれば公式サイトからの購入をすすめる。発送元のお店によっては後悔するかもなので、amazonで買う場合は特に口コミを確認した方がよい。

 

また夏場はamazonの販売店によっては「溶けてた」などの口コミも。夏場は特に口コミをチェック、もしくは公式サイトがよさそう。

 

また食べるなら色々な味をためしたい。3種セットというものがあり、内容は[オリジナル]、[フロマージュブラン]、[マイルドビター]の詰め合わせだ。

 

ちなみにこの3種セットであれば、amazonの配送に対する低評価は見られなかった

 

3種セットはこちら。

 

公式サイト→ポテトチップチョコレート|ロイズ(ROYCE')公式オンラインショップ

 

柿チョコ:浪花屋製菓 

 

これほどおいしい柿の種は、かつてあっただろうか。考えるだけで、食べたくて食べたくて震える。

 

他メーカーの柿の種チョコも存在するが、浪花屋製菓が個人的には頂点のため、浪花屋製菓を紹介することにした。

 

ちなみに私が一番好きな味は、期間限定だが「柿チョコいちご」。甘酸っぱくて、甘じょっぱい。

 

80グラムじゃ必ずや足りないと思う。すでに好きだったり、もしくは勇気と確信があるならケースで買うのがいい。幸せの量が違う。

 

 公式サイト→柿チョコ : 商品情報 - 浪花屋製菓

 

 レモンパック:ヤマザキビスケット

 

サクッとしたビスケットのホロホロ具合もちょうどよく、またクリームがレモンなのが秀逸。食べると優しい気分になるのは、ビスケットの優しさのせいだろうか。

 

比較的店頭に並んでいる商品だが、amazonや楽天で買う場合には、10パックセットなどまとめ買いパターンがまず出てくると思うので、個数の確認を。

 

いくらクセになるおいしさとはいえ、レモンパックはボリュームがある。

まとめ買いもいいのだが、私のようにあればあるだけ食べてしまう人にはレモンパック10個パック一気食いは、腹がはち切れると思う。

 

普通のサイズにおいしさの軍配が上がるものの、ミニサイズもあるのでご自分の性質・腹の具合と相談の上検討したい。

 

公式サイト→ビスケット・チョコレート | 製品一覧カタログ | ヤマザキビスケット

 

おさつどきっ 塩バター味: UHA味覚糖

 

素朴なさつまいもの味が心にしみる。歯ごたえはそれなりにあるので柔らかいと思って食べない方がいい。味はいくつかあるが、塩バターが最強。味にインパクトはそこまでない優しい味なものの、その分季節を感じる。

 

1袋65グラムと少なめで、開けたら瞬殺だと思われる。例により10袋セットなどamazonなどは取り扱っているが、確認を怠ってうっかり5〜10袋くらい買っても困らないはずだ。すぐなくなる。

 

肌寒い季節はとくに食べたくなる、それが「おさつどきっ 塩バター味」。

 

公式サイト→【公式】UHA味覚糖 商品カタログ おさつどきっ 塩バター味

 

都こんぶ:中野物産

 

駄菓子界随一の大人顔、都こんぶ。幼少の頃から世話になった人は多いのではないだろうか。甘じょっぱいよりは、甘酸っぱい寄りかもしれない。その証拠に、ほっぺたあたりがキューっとしてきた。

 

こんなにお菓子を紹介してきてなんだが、ダイエット中で甘じょっぱいお菓子を探している人には「都こんぶ」は最適ではなかろうか。

 

都こんぶはあまりに味わいながら、あまりに食べ過ぎると、舌がザラザラっともう少しで血が出るような雰囲気を感じることがある。気をつけたい。

 

公式サイト→酢こんぶ|『都こんぶ』の中野物産株式会社

 

 

日々のお供に。甘じょっぱいおせんべい4選

 

ハッピーターン:亀田製菓

 

もはや説明不要の明るい人気者、魔法の粉でおなじみのハッピーターン。職場、現場、家、友人宅・・・これほどまであらゆる場所で見かけるせんべいはあるだろうか。

ガツンとしっかりした味が、あまりに魅力的

 

亀田製菓の中でも稼ぎ頭なのだろう。 ハッピーターンの、ハッピーターンによる人民のためのスペシャルサイトまである。

ハッピーターンスペシャルサイト|亀田製菓株式会社

  

味しらべ:岩塚製菓

 

 ハッピーターンと似ているが、ポップさがないのが「味しらべ」だ。ハッピーターンのポップさについていけないおじいちゃん、おばあちゃんも安心できる

魔法の粉がわんさかついている。個人的にはハッピーターンより粉が多いように感じる。

 

媚びがなく毅然と落ち着いた佇まいにもかかわらず、しっかりした甘じょっぱさに初めましての人間は驚くだろう。擬人化したらかなり魅力的な人物だと思われる。

 

公式サイト→味しらべ|岩塚製菓

 

おばあちゃんのぽたぽた焼:亀田製菓

 

子どもの頃からなじみ深い人も多いのではないだろうか。まず名前が冴えている。郷愁を誘うし、おばあちゃんを思い出して味が2倍増しになりそうだ。

 

私も子どもの頃とくに大好きで、いろんな食べ方をした。個人的には「甘じょっぱい」というより「甘い」と思っていたのだが、周囲は「おばあちゃんのぽたぽた焼は、甘じょっぱい」の意見だったのでご紹介する運びとした。

 

こちらもぽたぽた焼スペシャルサイトがある。

ぽたぽた焼スペシャルサイト|亀田製菓株式会社

 

おにぎりせんべい:ますや 

 

関東の人には、あまりなじみがないかもしれない。あまり関東のお店には置いてないからだ。

 

私も関東の人間で知らなかったのだが、関西出身者で「好物」として挙げる人が多いために存在を知ることになった

 

個人的には「特別においしい」とは正直感じないものの、おそろしいほどに手が止まらなくなるせんべい、それが「おにぎりせんべい」

 

サクサクしていて、その小気味いい歯ごたえでどんどん進んでしまう。「サクサクサクサク・・なくなった」。本当にこのくらいの速さで1個が食べ終わる。

大きさと、軽さ、歯ごたえ。すべてが手が止まらなくなるのにちょうどいいのかもしれない。

 

味はおにぎり味ではなく、しょうゆ味。だが、しょっぱいだけじゃなくて「甘じょっぱい」。

 

公式サイト→株式会社マスヤ 商品一覧 おにぎりせんべい

 

いつ食べても気分がいい、甘じょっぱいお菓子

 

どれか興味を持てるものがあれば、うれしく思う。

 

こんなにはまってしまうほどに、おいしい甘じょっぱいお菓子を作ってくれた企業さんに大変感謝している。

 

うれしい時、楽しい時は気持ちを倍増させてくれる。悲しい時、つらい時は癒してくれる。感情がフラットな時に食べれば、ハッピーへの階段を一段飛ばしで連れて行ってくれる。甘じょっぱいお菓子なしの人生なんて考えられない。

 

自分では考えつかないし、作れないようなお菓子を作ってくれて、本当にありがたい。

 

ということで、皆さんも何か「おっ」と感情が動いたものがあれば、ぜひ躊躇なく食べてみてほしいと願っている。

 

 

 おしまい

 

\関連記事です/