【ほっこり系遊園地】200円で遊べるあらかわ遊園! リニューアル前に行ってきた 

f:id:shimakumasan:20180824170840j:plain

東京都荒川区にある「あらかわ遊園」のリニューアル工事が2018年12月から始まります。


リニューアルしたらほっこり具合が減ってしまうかもと、遊びに行ってきました。入園料は大人200円、未就学児は無料です。

 

リニューアルでどう変わるかわかりませんよね。今の姿を見られるのは2018年11月まで。あとちょっとですね! 楽しい遊園地です、遊びに行きましょう!

 

23区唯一の区立遊園地

 あらかわ遊園は東京で唯一の区立遊園地です。開園は1950年。のんびりした雰囲気が漂います。

来園者数は増加傾向(!)にあり、2015年度は約39万人。

 

乗り物は観覧車、豆汽車、メリーゴーランド、ファミリーコースター、コーヒーカップ、スカイサイクルの6つ。

 

遊園地としたら狭いですが、公園と考えたら広い。そんな印象ですが、子ども目線であれば十分な広さでしょう。

 

そのほか釣り堀、ポニーやウシやニホンザルがいる動物広場、水あそび広場などがあります。

 

釣り堀は阿佐ヶ谷や市ヶ谷にある釣り堀のような、本格的な感じです。子どもだましではなく、釣り堀だけで独立できるくらいちゃんとしています。

 

授乳室やおむつ交換台、さらには喫煙所は3箇所あるので、赤ちゃんから大人までどんと来いです。

 

2018年12月からリニューアル開始 

f:id:shimakumasan:20180824171137j:plain

2018年12月1日からリニューアル工事が始まります。

 

 リニューアルするのは「のりもの広場」の観覧車とメリーゴーランドと、一部の広場。それと食事・休憩スペースの拡張&整備も。

工事にともない、のりもの広場は全面閉鎖します。

 

あらかわ遊園すべてが休園するわけではなく、一部の広場や 釣り堀は公開予定ということなので、ちょっとほっとしました。

 

リニューアルオープンは、開園70周年になる2020年度の予定です。

 

 小さな乗り物があちこちにある

夏休み中の平日の午後と、日曜日に行きました。

 

平日はどの乗り物も並んでおらず、すぐ乗れました。そもそも園自体が空いています。

 

一方、日曜日は閉園1時間前(乗り物に乗れる30分前)に行ったのですが、それでもすべての乗り物に人が並んでてびっくり。スカイサイクルは20分待ちでした。

f:id:shimakumasan:20180824210200j:plain

自分でこがなきゃいけないのに、列ができてました

 

乗り物に乗る際は、別途チケットを買います。

f:id:shimakumasan:20180824211634j:plain

 

 

コーヒーカップは小さめ。

f:id:shimakumasan:20180824211411j:plain

カフェオレボウルの大きさを想定しているとショックを受けます。カプチーノのカップを想定しているとうれしくなりますよ

 

入れ替え工事が行われる観覧車。しかと写真におさめたぞよ(逆光)。

周囲に高層建物がないため、スカイツリーなど見渡せます。

f:id:shimakumasan:20180824211805j:plain

解体された観覧車のゴンドラは、オブジェとして活用する案も出ている

 

ファミリーコースター。奥に写ってるイモムシです。逆光からこんにちは。平日で全然人が乗っていません。

f:id:shimakumasan:20180824213131j:plain

 

主要の乗り物6つ以外にも、小さい乗り物がいくつもあります。ゲームセンターや子どものちょっとした遊び場にあるアレです。

f:id:shimakumasan:20180824210440j:plain

コレ。こういう感じの乗り物のことです

 

f:id:shimakumasan:20180824211210j:plain

200円入れると動く

 

主要な乗り物は3歳以上から乗れるものが多いです。3歳未満であれば、これらで遊べますね。実際私も赤ちゃん(0歳)と乗ってみました。

 

リニューアルされたらさみしい&してほしいものたち

 さて、観覧車やメリーゴウランドのついでにリニューアルされそう、されたらさみしい、逆にしてほしい。そんなものを記録として残す意味でも、列挙します。

 

キャンディハウス。軽食を販売。アイスや飲み物も。2階には席があります。ちなみに2階は16時に閉鎖されます。

f:id:shimakumasan:20180824213738j:plain

垢抜けない外観に好感が持てます。ちなみに中身も垢抜けてなくてほっこり

 

 のりもの広場からどうぶつ広場へ行くゲート。

f:id:shimakumasan:20180824214146j:plain

 ぜひこのままで!

 

柱。

f:id:shimakumasan:20180824214803j:plain

 

メインゲート近く、「ふれあいハウス」内のトイレ前のらくがき。

 f:id:shimakumasan:20180824214904j:plain

「イケメン」の文字がやたら目立つ。書いた時の心境やいかに

 

なんてキュートなの!? 100年後も残しておいてください。

f:id:shimakumasan:20180824215032j:plain

非の打ち所のない素晴らしさ。かわいいっ!! 

 

セブンティーンアイスが全売り切れ。時間帯のせいでしょうか? すごく食べたいです。リニューアルというか、ぜひ補充をお願いします(土下座)!!

f:id:shimakumasan:20180824215225j:plain

 

 気になったものたち

続いて気になったものです。

 

ふれあいハウスに展示されているジオラマ。「工事中」らしい。

f:id:shimakumasan:20180824220829j:plain

 

わくわくメルヘンランド。あらかわ遊園のキャッチコピーなのでしょうか?

f:id:shimakumasan:20180824220054j:plain

わくわくメルヘンランド・・・

 

それと注意書きの数がすごい! すごかったです。

 

まずは釣り堀の注意書き。

f:id:shimakumasan:20180824220322j:plain

「4歳未満お断り」が 重複。1つじゃだめ?

 

メリーゴーランド前もみっちり。

f:id:shimakumasan:20180824220537j:plain

 

スカイサイクルの入場口。スペースがあれば注意書きくらいの勢いです。

わくわくメルヘンランド感はいずこ・・・・

f:id:shimakumasan:20180824220646j:plain

 

コーヒーカップ前。

f:id:shimakumasan:20180824221039p:plain

 「子どもたちがケガをしないよう大人もルールを守ってくれてありがとうございます」。この間接的な言い回しは街中のトイレでもよく見ますね

 

こんなとこも。白の空間を見つけたら貼らなきゃいけない呪いでもかけられたか。

f:id:shimakumasan:20180824221342p:plain

ええじゃろ〜 座らせてくれお〜〜

 

スタッフ数を補うための注意書きなのか、区立というのが関係しているのか。おびただしい数でした。そりゃ何か事故などあったら大変だし、園の存続にも関わるのかもしれない。責任の所在のためにも注意書きは必要なのかもしれません。

だけどたいてい大人と来てますし、子どもだけで来たとしても案外みんな大人なんですよね。

 

大人向け施設でも注意書きがたくさんある場所はありますが、過保護かいな、とつっこみたくなるような貼り紙が多いですよね。

 

京都の町家再生などを行うアレックス・カーさんも観光地の注意書き看板について言っていましたが、やはり注意書きがありすぎると、景観を損ねるんです。

 

遊園地の場合は、非日常感が薄れてしまう。

そしてフェンスに座るくらい許してほしい。厳しい社会はいやだよぉ〜

 

ということで、注意書きについても、許されるならリニューアルしてほしい所存です。

 

 

よく見ると、園内随所におります。マスコットキャラクターのミミちゃんとユウくん。リスなのかな?

f:id:shimakumasan:20180824222846j:plain

パンフレット見るまでマスコットキャラクターがいることに気づきませんでした

 

 本来は噴水なのでしょうか? ひなびてて最高です。

f:id:shimakumasan:20180824223452j:plain

 ベンチに緑のシート(おそらく園の備品)が置かれているのもたまりません。リニューアル後はいつでも噴水ドピャーなのでしょうか?

 

夏は水遊び広場

 水遊びをできる場所があります。広くないのですが、川のような形をした水遊び場で居心地がいいです。夏なら、子どもがいればここで1〜2時間は軽く過ごせます。

f:id:shimakumasan:20180824224549j:plain

私は赤ちゃん連れだったのですが、水遊び場とどうぶつ広場でほぼ終わりました。

ちなみに大人だけで行ったときは釣り堀だけで終わりましたよ。

 

 あらかわ遊園情報

f:id:shimakumasan:20180824114749p:plain

(引用元:営業カレンダー 荒川区公式ホームページ

 

f:id:shimakumasan:20180824225822j:plain

 

学校の春・夏・冬休み以外は、火曜がお休み(祝日の場合は翌日)なのでお気をつけください。

 

まとめ

ファミリー層が多いですが、乗り物をメインとしなければ大人同士で行っても楽しいですよ!  ファミリー層は間違いなく楽しめると思います。

 

今回は乗り物ばかりの紹介になりましたが、釣り堀も、どうぶつ広場も充実してます。サルとシカにはエサ(100円)をあげられて、モルモットやヒツジ、ヤギにさわれます。クジャクや大きめのカメもフェンスなしでご対面できました。

 

ということで、リニューアル前に1度は行くべし、あらかわ遊園です。

 

 

 \あわせてどうぞ/