阿佐ヶ谷の古本屋「コンコ堂」からの連想つれづれ音楽紹介【音楽映像・CD編】

連想ゲーム感覚で、阿佐ヶ谷関連の音楽の映像(MV)や写真を紹介します。  

 

コンコ堂が出てくるまでのお話はこちら

→阿佐ヶ谷の喫茶店「gion」からの連想つれづれ本日記

 

 

阿佐ヶ谷の古本屋「コンコ堂」から徒歩10分圏内くらいだろうか。

 

阿佐ヶ谷神明宮という神社がある。

天照大御神を祀った、初詣のときなど行列ができる心地いい神社だ。

阿佐ヶ谷神明宮 厄除(八難除)の神社 東京都杉並区

 

f:id:shimakumasan:20180716024238p:plain

引用元:境内案内 – 阿佐ヶ谷神明宮 厄除(八難除)の神社 東京都杉並区

 

さて、阿佐ヶ谷神明宮といえば。

境内には「能楽殿」がある。

この能楽殿は、ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」MVに使用されている。


ゲスの極み乙女。 - 私以外私じゃないの

 

ゲスの極み乙女。を見ると周りの大人たちが本気出してきてる、という感じがする。

かなりきちんとプロデュースされているのではないだろうか。

 

彼らのMVなどを見ると、パッと画面に入ってきた時にハッと釘付けになる。本当に映像にしている意味があるなと思う。なんで釘付けになるかというと、音楽もいいのだけど、まず彼らの見た目それだけでキャラ付けができているから。

 

もちろん彼らの人気が証拠となる通り、才能がある。「おお!これは売れるぞすごい」と思った周りの大人たちが市場に出す際に、本気出してきた熱を感じませんか?

結局いい音楽を作っているから、ということにほかなりませんが。

 

才能にはどうしたって人が集まる。

 

周りの大人、本気出してきた部門でいうと、ももクロが出てきたとき、周りの大人の気合を感じた。


【ももクロMV】行くぜっ!怪盗少女 / ももいろクローバーZ(MOMOIRO CLOVER/IKUZE! KAITOU SYOUJO)

 

ちなみにコンコ堂の店主も、ももクロ好きらしい。

 

 

さて、話は戻ってゲスの極み乙女。と同じように阿佐ヶ谷が撮影地になったMVといえば。

 

カネコアヤノさんの歌で喫茶店gionが使用されていることはすでに書いたが、そのほかにも「片想い」というバンドでも阿佐ヶ谷が舞台になったものがある。

 


片想い/センチメンタル☆ジントーヨー MV

 

撮影場所は、おもに阿佐ヶ谷住宅。

 

阿佐ヶ谷住宅は今はすでに取り壊されてしまったが、建築家の前川國男氏が設計した有名な団地だ。ちなみに私はこの阿佐ヶ谷住宅の存在は、雑誌クウネルで知った。だからきっと、いろんな媒体で取り上げられていたんだろう。

 

さて、この片想いのMVだが、出演しているのはメンバーのオラリー。個人的にはオラリーという名前がすごく好き。ナイスです。

 

ちなみにオラリーは、ceroのメンバーで、阿佐ヶ谷にあるRojiというお店をやっている高城くんの奥さんでもある。

 

関連記事:くるり 「琥珀色の街、上海蟹の朝」を久しぶりに聴いたら涙出た。からの連想つれづれ音楽日記

 

 

 

さて、阿佐ヶ谷住宅といえば。

ハンバートハンバートの「天井」というシングルがある。 

 

 2005年に発売された、4つ目のシングルである。

このシングルのジャケットも、阿佐ヶ谷住宅で撮影されている。

f:id:shimakumasan:20180716152536p:plain

引用元:公式HPより

 

ちなみにCDの内容としては

1. 天井

2. 旅の終わり

3. 午睡

アルバム『11のみじかい話』とはアレンジが異なり、ライブでの演奏に近いバージョン。
カップリングの『旅の終わり』はアルバムと同アレンジ、『干睡』はアルバムと異なるアレンジです。

 

 どっちバージョンもいいことには変わりない。

 

 

今回の連想はここまで。

 

って阿佐ヶ谷からの音楽の連想ゲームはどんどん出てきますね。

ってことは色んなことは色んなところで繋がってるってことですね。

 

というか、とくに音楽に関して思うことが多いのだけれど

「このアーティスト好きだな」ってなると、ほかの自分が好きなアーティストとどっかで繋がっていきますよね。

 

まあ、好きなジャンルがある一定のカテゴリーってことなのかもしれない。

 

 

おしまい

 

\関連記事だよ/

shimakumasan.hateblo.jp