阿佐ヶ谷のお肉屋さん「三井精肉店」からの連想つれづれおすすめ音楽紹介

 

東京都杉並区阿佐ヶ谷に6年ほど住んでいた。

JR阿佐ヶ谷駅から北に約10分、「三井精肉店」というお肉屋さんがある。

f:id:shimakumasan:20180717211034p:plain

引用元:食べログk826さんより

 

メンチカツで有名だが、他の男爵コロッケなどもおいしい。

たまにいますよね? 「おお、この人は絶対おいしいものを作る・・!」と見た目だけでわかる人が。

その一人がここのご主人。おいしいものを作る人のルックス。

 

ご夫婦だと思われる老夫婦で切り盛りしており、いかにも正直者といった風体のご主人を見ていると、ここの揚げ物がおいしい理由がわかる気がしてくる。

 

こちらのバツが悪くなるくらい目がキレイで、気持ちのいい働きっぷり。

タイミングがよければ、「コロッケください」「じゃあもしよかったら今揚げ直しますよ、どうですか?」とホカホカを提供してくれることもしばしば。ああ食べたい。どうか健康で元気で長生きしてくださいと心から願う。

 

三井精肉店情報はこちら。食べログより

 

さて、この三井精肉店から駅寄りに戻ると、「コンコ堂」という古本屋がある。

f:id:shimakumasan:20180717212431p:plain

引用元:古書コンコ堂-konkodo

 

2018年6月で7周年を迎えた。。すごい! おめでとうございます。

雑誌も文庫本も絵本もある、居心地のいい古本屋さんで、阿佐ヶ谷に住んでいた当初は度々本を売りに行っていた。

 

関連記事:阿佐ヶ谷の古本屋「コンコ堂」からの連想つれづれ音楽日記【度肝抜かれた音楽編】

   阿佐ヶ谷の喫茶店「gion」からの連想つれづれ本日記

 

 さて、このコンコ堂のロゴマーク。

f:id:shimakumasan:20180717213851p:plain

 

このロゴは、大原大次郎さん作である。

大原大次郎さんは星野源くんやSAKEROCKのCDなどでもジャケットデザインを担当したりしており、何かしらで彼の仕事を見たことがある人は多いと思う。

f:id:shimakumasan:20180717214735p:plain

引用元:大原大次郎 omomma™

 

さて、大原大次郎さんといえば。

先述の通りインストバンド・SAKEROCKのCDジャケットなども手掛けている。

すでに解散したものの、SAKEROCKは所属レーベルは「カクバリズム」という会社。

 

カクバリズムといえば、二階堂和美さんも所属している。

映画「かぐや姫の物語」で主題歌を歌っている方ですね。

歌めっちゃうまい。


二階堂和美 - 女はつらいよ

 

二階堂さんのライブパフォーマンスは圧倒的で、ザ・エンターテインメント。

 

ものすっごく幸せな気持ちでいっぱいになる愛あふれるステージで、衣装もいかにも衣装!っていうのを着てくれるので楽しくなる。

本当に圧倒的なもんだから「・・・紅白歌合戦って、こんな感じなんかな」とぼーっとするくらい。ライブ終わると、満足感と多幸感ハンパない。

 

ちなみに私は妊婦のときに二階堂さんのライブに行った。二階堂さんは客席に降りて来て、握手をしながら歌っていく。その流れでなんと私も握手をしてしまった。

その後赤子を生んだが、つるんと生まれてきたスーパー安産で、これは二階堂さんのおかげなんじゃないかと思ってる。人々に対する愛情を感じた。手を通して何かしら赤子に伝わったのではないだろうか。

 

ちなみに二階堂さんは、歌手だけど、僧侶でもあります。

 

 

 

 

さて、二階堂和美さんといえば。

ビッグバンドのGentle Forest Jazz Band(ジェントルフォレストジャズバンド)と組んで活動をするときがある。


二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band / Nica's Band

 

 

 gentle forest jazz bandは現在21名。

メンバーがいろいろと変わりながら今に至るが、結成13年。2018年についにメジャーデビュー。 

 

ジャズ? 難しい感じのやつ?と思うかもだが、gentle forest jazz bandはそんな難解な種類のジャズではなく、基本的にスウィング。とっつきやすいし、楽しいのが大半だ。

f:id:shimakumasan:20180718000446p:plain

引用元:GENTLE FOREST JAZZ BAND official site|ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド オフィシャルサイト

 

彼らは近年さりげなくCMに出演したりと、年々露出が増えてきた印象だ。

リーダーで、指揮やトロンボーンを演奏するジェントル久保田さんは特に露出が増えたと思う。

 

ジェントル久保田さんは「在日ファンク」というハマケン(浜野謙太)率いるグループでもトロンボーンを担当しており、ウレロシリーズをNetflixで見ていたらハマケンとともに出てきたので驚いた。

 

ちなみにハマケンは、gentle forest jazz bandのボーカルでもあった。

最初ライブを見たときには歌っていたのだが、回を重ねると「えー、浜野さんは今日用事があって・・・」といった感じで見なくなり、今はメンバーではないようだ。

 


GENTLE FOREST JAZZ BAND 『おとこって おとこって』Music Video Full Version

 

 gentle forest jazz bandでは、小柄な女性3人のヴォーカル、Gentle Forest Sistersがいる。彼女たちが毎回どの曲にも出てくるわけではないのだが、華があるし、楽しいし、登場するのを心待ちにしている。

 

 

上の『GFJB』は4枚目のアルバムで、このアルバムでメジャーテビュー。

個人的には、『だけど今夜はビックバンド』が好きです。「goody goody」や「blue & sentimental」「carmen's boogie」といった好きな曲が入っている、という理由だけなんですけどね。

 

 

 彼らは小編成の「gentle forest 5」でも活動している。小さなライブでも毎回21人でライブに参戦するのは至難の技だし、たしかに小編成って必要だなあと思う。お客としてもライブはたくさん見たいですしね。

 

gentle forest 5と、gentle forest sisntersは毎月1回、浅草のhubでライブを行なっている。今のところ(2018年7月現在)第一火曜日だったと思うのだが、行く時は念のためご確認を。

 

HUB浅草店| 英国風パブ HUB | 82ALE HOUSE

 

ところで、HUBってちょっと怖いと思う方もいるのでは? 私は少々苦手なんですね。

 

だけど、この浅草HUBはほかと違う。浅草HUBは大好き。ステージにもよるが、基本的にはお客さんが大体おじさん。そして毎日ライブを行なってる。店員さんの具合がとってもいい。ほかのHUBにうっかり入るとソワソワするが、浅草のHUBは落ち着く。入りやすい。なんでだか自由な気持ちにすらなる。

f:id:shimakumasan:20180718151606p:plain

( 引用元:HUB浅草店| 英国風パブ HUB | 82ALE HOUSE)

ほら、いい感じ!! 非日常的な気分になれて最高です

 

ちなみに夜3ステージ行うのだが、最終ステージはカバーチャージ無料。前はどのステージでお店に行っても払ったので、なんて粋な仕組みにしたんだろう。ますます好きです。

 

 

さて、gentle forest jazz bandといえば。

 

彼らをきっかけに、「リンディホップ」にドハマりした。

はじめて行った彼らのライブのホールで、今まで知らなかった、実際には見たことのなかった「リンディホップ」を踊っている人たちがわんさといたのだ。

 

これはダンスの種類で、

f:id:shimakumasan:20180718152746p:plain

一般的に「スイングダンス」とはジャズ音楽(特に「スイング音楽」)を使った全てのダンスの総称です。

チャールストンやバルボア、リンディホップは全てスイングダンスとしてみなされ、30年代のジャズ人気と一緒に発展したもの。そこで、リンディホップは独自の動きやルールがあるスイングダンスの一種を指すことになります。

リンディホップとは? | 日本スイングダンス協会

 

1920年代のアメリカ・ハーレムで生まれ、30〜40年代に人気となったダンスだ。とにかく見てるだけでも楽しくて胸がおどるようなもので、明るさがある。

今まで知らなかったから「こんな世界があるのか」とワクワクした。

 

ダンスの話になってきたし、長くなったしでここまでで自重しておくが、

gentle forest jazz bandのライブで踊れる日のライブに行けば、見れます。

 

浅草のhubでも、たまに踊っているペアを幸運にも見られることがあります。

そのペアは演奏がメインだからと遠慮しているのか、最後の2曲くらいだけ踊って帰るのだけど、ずっと踊ってくれててもうれしいのになあと思ってる。

 

 

おしまい

 

\こちらもどうぞ/