浅草のラーメン「馬賊」の坦々麺は独特。夏なら冷やし中華がイチオシ!

 

浅草の「馬賊」で坦々麺と冷やし中華を食べてきました。

銀座線田原町駅と浅草駅、どちらから行っても10分くらいの場所にあります。

 

麺が手打ちでモチモチ。こんなモチモチは、東京では他にあまり見ません。

f:id:shimakumasan:20180823173627j:plain

 

並ぶこともあるが、回転は早い

 日曜の12時に行ったとき、並んでいたのは4人。我々は4人で行ったのですが5分ほどで全員入れました(カウンターで横並び)。

さすがラーメン屋、回転が早い。

 

夏場の平日18時に行った時には空いていて、すぐに入れました。

 

店内は広くなく、20席くらいでしょうか。

 

馬賊で働く人たちの対応や雰囲気、人間味があっていいですねえ。

 

坦々麺はあっさりした印象

f:id:shimakumasan:20180823174326j:plain

坦々麺て、たいていミルキーさがありますよね?

なめらかさがあって、ガツンとした味なのが通常だと思いますが、馬賊のはあっさりしてました。

 

ミルクっぽさがないというか。コクがないというのかな。かといって、山椒が効きまくった外国っぽい味でもない。

 

私は味ガツーン!! しっかりはっきりの味が超濃く、さらにカロリーも高いに違いない体に悪そうな感じがする! といった坦々麺が好きなので正直物足りなかった。

 

でも、店内にダーン!ダーン!! と響き渡る麺を打つ音。一緒に行った高齢者が怯えてました。そう、老人が怯えるくらいの音で麺を打ってるくらいなので馬賊のウリは麺なのでしょう。

 

なので、あくまでメインは麺だよ、という坦々麺なのだと思いました。ギットギトのスープを求める人は物足りないかもですが、麺を味わうにはフィットするスープです。

 

麺はクセになりそうな雰囲気がありました。

店内には常連さんと思われる方が多かったので、クセになる、飽きないものを提供してくれるのが馬賊なのでしょう。

 

f:id:shimakumasan:20180823180804j:plain

 さてこちらは坦々つけ麺。

麺を心ゆくまで味わえます。友人が食べたものですが「うまい」とのこと。

 

餃子は大きくてもちもち

f:id:shimakumasan:20180823181115j:plain

餃子もモチモチしてました。そして大きい。

 

前提として、阿佐ヶ谷の「えのけん」や「なかよし」の 餃子が好みです。

関連記事:【ラーメン・餃子】常連になったくらい美味しい! 阿佐ヶ谷超おすすめグルメ3選

 

なので方向性の違いかもしれません。正直生焼けかと思ってしまい、つまりは好みではなかったのですが一緒に行った人々、特に高齢者はお店を出たあとも「餃子が美味しかったなあ〜」と言っていたのでハマる人はハマる。完全に好みの問題です。

 

冷やし中華が最高

常設のメニューには載っていませんが、壁貼りメニューで夏場は冷やし中華があります。

 

馬賊は冷やし中華がおいしいらしいという噂を聞いたので次は冷やし中華。

f:id:shimakumasan:20180823204148j:plain

 

ぱく。

 

えー!! おいしい!!

 

坦々麺、餃子と相性がよろしくありませんでしたが、ここにきて本気のおいしい、出ました!

 

モチモチの麺のよさが出まくっており、はまりそう。

 

お酒好きな友人談によると「シメのラーメンとしては食べられないな。モチモチで満足感がありすぎるから」とのこと。

 

ということで、馬賊は夏なら冷やし中華がおすすめです! これはうまし!!

冷やし中華を食べたらわかりましたが、馬賊の麺はクセになりますね。

常連客が多い理由がわかってきた。

 

 

 詳しい店舗情報や地図などはこちらをどうぞ

retty.me

 

 

 

おしまい

 

 

\あわせてどうぞ/