黒ニキビが原因不明で治らない。半年後に治り始めてからようやく気づいた原因とその対策

f:id:shimakumasan:20181030013706j:plain

どんな対策をしても治らないしつこいニキビ。食生活も、化粧水も変えたのにもう数ヶ月顔にニキビが顔にご鎮座してる。

 

命に関わることではないけど、ものすごく気になりますよね、ニキビ。

 

私は2度、ものすごくしつこいニキビに悩まされました。1度目は赤ニキビです。

→大人ニキビが原因不明で治らない。ニキビがようやく治った後にわかった、原因と対策

 

今回の記事は、半年間治らなかった顔にできた黒ニキビについて。

私しまくまの経験談と、半年後に明らかになった原因、早くやればよかった対策をお伝えします。

 

なお1度目の赤ニキビと似たパターンなので、赤ニキビの記事を読んだ方は既視感モリモリかと思われます。

 

私の肌質は「乾燥肌、やや敏感、弱め」、性別は女です。

 

黒ニキビとの半年間

古い角質が酸化し、黒く変色したものが黒ニキビといわれています。

 

この黒ニキビに悩まされたのは30歳の頃。時期は3月からの半年間です。

 

両頬にブツブツブツブツっとかなり多め、大きめ、目立つニキビが気がつくと出来ていました。いつもニキビは白か赤が多いのですが、この時は黒。

 

痛いわけでもかゆいわけでもない。ただただ、両頬にできた黒ニキビが治らない日々が続きました。

 

思い当たるニキビの原因がありすぎ

まずこのニキビができる4ヶ月前くらいから本格的に仕事が忙しくなってきました。終電まで働くことも多く、土日もどちらかは夜9時過ぎまで働いていた頃です。

あらゆる締め切りに追われ、覚えることも大量にありいつも気持ちは焦っていました。

 

・寝不足

・いい加減なお風呂の入り方

・乱れた食生活

・甘いもの食べまくり

・おやつ食べながら仕事をする

・こんな生活だから当然ストレス感じてるはず

 

ただお化粧しない日も多かったので、肌の負担自体はそんなにないと思います。お化粧した日は、必ず落としてから就寝していました。

 

でも何にせよ、ニキビの原因に心当たりあり過ぎでした。

 だからこそ原因がどれなのか、さっぱりわからない。

 

しつこいニキビがストレスになってきて、対策を始めます。

ちゃんと食べられる時はまともな食事を食べ、できるだけお風呂はしっかり入り、リラックスする時間もとる。

 

ただ仕事の状況は同じまま。そしておやつの大量摂取はやめられませんでしたが。

 

スキンケア用品を変えるが、治らない

しかし一向に治る気配がありません

 

もしかしてニキビ、一生このまま頬にいるつもり・・・?

 

焦りました。最後にスキンケア用品をニキビ用に変えましたが、効果ナシ。皮膚科には時間と精神的な余裕がなかったために行きませんでした。

 

ニキビ跡も含めれば2年半の黒ニキビとの付き合いに

f:id:shimakumasan:20181030013945j:plain

そしていつしか私はあきらめの境地に。もうなんでもええわ・・・治らんわ、これ。 とニキビ改善への努力もやめ、もとのめちゃくちゃな生活に戻ります

 

ところがニキビができて半年後、気づくと黒ニキビが改善し始め、とうとう黒ニキビはなくなりました

 

すでにニキビに対する努力をやめていたので、つまり何もしてないのに治ったのです。

 

ただ、ニキビ跡は1年くらいでしょうか? しっかり残りました

 

シミとして定着すると思いきや、意外にもニキビが治ってから2年後にはほぼニキビ跡もなくなり(ちょっと残ってるけど他人はわからないくらい)、ようやく黒ニキビ鎮座の片鱗が見えなくなってきました。

 

ニキビ跡も含めれば、2年半ですね。いやあ長かったです。

 

結局原因は何だったの?

結局のところ、原因は何だったのかといったら

 

「超ガマンをしていた」

 

ということです。

 

黒ニキビが治り始めた頃と同時期に、一つ変化がありました。

 

それは上司の圧から解放されたことでした

 

この上司がなかなか厄介で、特に新顔に対して、ものすごく固執する時期を持つ人だったんです。

 

すべて俺色に染めたいというか、もう新顔のすべてが気になるというか。悪い人間ではないし、仕事もある部分ではできる人なのですが、いかんせんマネージングや教育に向いていない。

 

後々異動してきた女性は「あの人は多分、脳に障害があると思う、チェックシートでチェックしたらほぼ当てはまったから・・」そして次に異動してきた年配の男性も人格者らしいのに、上司が彼になってからは人格者にハテナがつくような行動・言動をしたりと、とにかくトンデモネー上司だったんですよね。嫌いじゃないのですが(イヤな奴ではないんですよ)、トンデモネーな、っていう。

 

ちなみに私のほかTさんも同じ時期に、この部署に入りました。

Tさんはなんと1週間入院をしていましたよ・・「原因不明って診断されているけど、あの上司が原因だって私わかってるんだよね・・・」と退院後言っていましたね。

 

ガマンを重ねすぎた日々

上司の圧は、すごく濃いものでした。

 

私も自分が仕事を一人前にできていないのを知っていましたから、頑張っていたんです。ものすごく。そして「ちょっと上司おかしい」「上司ちょっと何言ってるかわからない」に気づけず、期待に添えるようにできる限りの働きをしました。

 

だから引き受ける仕事量が通常の量を超えていたんです。でも上司は誰にどのくらい仕事を振っているかをわかっていない(ということに後々の話し合いで判明)。だからさらに増える。で、期待がすごい。圧がすごい。

 

でも働きすぎると、ドーパミンのせいかハイになったりしますよね? だから疲れているのもわからないし、どんどん働けちゃう。楽しかったりもする。

 

この働きすぎのなか、私は自分の意見を完璧に殺していました。自分自身の色を排除した上司たちの意見を尊重した成果物を上げ、いろんな不満はあるけど「とにかく早く一人前に」の思いが上回りガマンにガマンを重ねていたんですね。あと思ったような成果物を上げられない自分の能力にストレスも感じていました。

 

ふだんは辛いことや嫌なことからは逃げるので基本的にガマンができず、ガマン耐性が低い体質なので尚更です。

でも仕事だとガマン、忍耐が必要な場面は多々あるし、仕事だとちょっと違う頑張りができるのでガマンできちゃうことがある。

 

最中にいるときは気づけない

こんな最中、新たな新顔が部署にやってきます。

 

すると「あれ、何か肩の荷が降りたな」「どこか精神的にラクになったな」と思うようになったのです。それは上司の矛先は新たな新顔さんに向かったからです。

 

実はこの時初めてわかりました。

・上司が新顔に固執するタイプだということ

・上司の圧が我々に対してすごかったこと

・圧の矛先が変わったこと

 

これらはすべて“何か楽になったなあ”と思った時にようやく気づいた事柄です

 

最中にいるときは、全く気づいてませんでした。圧がかかっていたことも、それで自分がものすごくストレスを感じていたことも、そして仕事の量が尋常じゃなかったことも。

そして不満をえらく抱えていたことや、意見を殺していたことでガマンが大量に蓄積されていることも

 

この「何か肩の荷が下りた」と感じたくらいから、ニキビが徐々に良くなっていきます。

 

代わりに新顔さんがえらい目に遭って、彼女は耐えかねて総務やら多部署やら色々巻き込み、それはもう大ごとになっていましたが・・・。

 

そして徐々に気づいていきます。上司はだいぶズレていること、目が血走り気味なこと、一般の50代男性とは一線を画した人間であることなどなどに。。

 

どこかが健全でないから、ニキビができる

相変わらずのハードワークで、上司の圧の矛先が変わった以外はすべて以前と同じままでした。

 

一方でみるみる良くなる黒ニキビ。

 

重圧から解放され、肌も圧からリリースされたようです。

 

おそらく私はどこかで怒っていたのでしょう。言いたいけど言えない不満、プレッシャー、仕事量。我慢して、本当は怒っていて、だけど外に爆発できないそのエネルギーがニキビになって現れたように思います。

 

現状から一歩引いて冷静になる対策をとるべきだった

f:id:shimakumasan:20181030014318j:plain

あなたのニキビは長期間治らなくて困っている場合。現在どんな状況にいますか?

 

心に何かモヤっと引っかかることはないですか? それがもし、とても辛いのであれば原因と距離をとりましょう。ニキビだけだったらまだマシで、ストレスで潰れちゃう場合もありますから。 距離を取れるなら、これが一番の解決策だと思います。

 

一方で距離を取れない場合。例えば今回の私の黒ニキビパターンのように仕事や職場が原因だけど、辞めるほどじゃない場合や、辞めたくない場合。

 

頭が仕事でいっぱいかもしれませんが、一度締め切りや終わってない仕事のことを思い切って考えない時間を、まず1時間でもいいので確保してください。

 

何か引っかかっていること、おかしいなと思っていること、不満、疑問。

これらをノートやスマホのメモなどに書き出してみてください。

 

上司に相談すれば解決できそうなことは、相談をして解決の糸口を探し、グチをこぼせばスッキリしそうなことは申し訳ないけど第三者に生贄になってもらって話を聞いてもらいましょう。

 

体を動かして頭の中を無にする

また、オフィスワークの方は特にですが、体を動かすのはかなり有効です。水泳や、アシュタンガヨガというヘトヘトになるゴリゴリのヨガがあるのですが、この辺はかなりおすすめ。

 

家庭や地域のことが原因の場合は、逃げられないし解決の糸口がなかなか見えないことが多いですよね。なのですぐできる行動としては、体を動かすことになりますね。

 

体を動かして頭の中を無にするだけで解決することって、案外多いんですよね。TEDのスピーチでもありましたが、脳が一見すべてを支配しているようでも、体の使いようで元気になったりするものなんです。

 

私の場合、ワーカホリック気味になっていて興奮気味だったんですよね。

それで寝ても冷めても仕事のことばかり考えて、おかしいと思うことも、不満も、心の底ではわかっていたはずなのにフタをして前に進むことばっかり考えていました。目も血走ってたでしょうね〜。

 

あなたが経営者なら、それでもいいと思うんです。でも経営者でないなら、身を粉にして、体を壊しそうになるまでする必要のある仕事って、ないんじゃないかなと思います。

 

自分が突然いなくなっても仕事は回るようになっていますからね、だからこその会社です。

 

 ひとつひとつ原因をつぶしていく

ここまでニキビの話から少々大それた話になって、おどしてしまったかもしれません。

 

ただ本記事のような「ガマン」や「怒り」などが原因じゃないことも多々ありますよね。

 

大人ニキビのおもな原因としては

・睡眠不足

・食生活の乱れ

・不規則な生活

・ストレス

・乾燥

 

が挙げられます。ひとつずつ順番に心当たりのある原因は潰していきましょう

ちなみに簡単な質問で原因をチェックできるシートも見つけたので、参考にしてみてください。

大人ニキビの原因は何? 12の質問でチェック! 無料でスキンケアサンプルももらえるよ

 

それでも治らず、原因不明の場合は本記事のパターンの可能性は十分にあると思います。

 

そしたら

・原因と距離をおく

難しければ

・時間を1時間でいいのでまずは確保し

・現状を冷静に振り返り、こんがらがっている現状をほぐしていって、問題を細分化

・人との話し合いで解決できることは、相談する

・水泳、アシュタンガヨガなどで体を動かして頭の中を無にする

 

を試してみてください。

 

辛い最中にいる場合は、現状が非常に見えにくいので簡単ではないですが・・・その場合は体を動かすのが、時間さえ確保すれば行動に移しやすいのですね。

 

ニキビは実感として長引けば長引くほど、それがストレスにもなるしニキビ跡も長く残ると感じました。

 

可能なら早めの対策で、早めにニキビに別れを告げたいですね!

 

 

 

おしまい 

 

 

\関連記事です/