【レビュー】『0円副業のススメ』は内容なかなか具体的。自由度を高めたい人は読んでおきたい

『0円副業のススメ 小さなアイデアが収入に変わる27日間マニュアル』(クリス・ギレボー著)がよかったです。

 

メモしながら本を読むことがあるのですが、『0円副業のススメ』はここ1年で読んだ本の中で、一番多くメモしました。

 

訳本にありがちな独特の読みにくさはなく、スラスラ読み進められましたよ!

 

以下どれかに該当すれば、読んでも損はなさそうです↓

 

・生活のレベル、質、生き方を変えられるような継続的な収入源が欲しい

 

・雇われているだけだと不安。自分の手で稼ぎたい

 

・本業以外に収入源を持って、人生の自由度を高くしたい

 

・すでに副業を始めている

 

・副業や小商いのアイデアを温めている

 

・収益を目標としたブログを運営している、もしくはしたい

 

・あれこれ試したり、考えたりすることが好き


あと、営業マンの方も仕事のヒントになるんじゃないかなと。

 

読んでる間に、さっそく行動しよう、始めよう! と思わせる本って案外少ないですけど、本書は行動に結びつく人多いんじゃないかと思いました。

 

 ざっくりした内容

儲かりそうなアイデアを、形にする方法を教えてくれます。

 

・本業をやめることなく

・多額の資金は必要とせず

・多くの時間も使わず

・経営の知識も不要

 

でオッケーな方法なので、ハードルは高くない。

 

27日間でアイデアを実行に移せるように導いてくれます。

「短い期間で、本業以外で収入を得られるプロジェクトを立ち上げるための実用書」ですね。

 

アイデアの生み出し方から、選び方、準備、始め方、収益を得るところまで書かれています。

 

これがなかなか具体的なんですよね。

この手の本って、フワッフワした内容のが多かったりしますけど、地に足がついてるといいますか。ちゃんと現実に落とし込めるようになってました。

 

あなたの収入と保障を増やすお手伝いをする、それが本書の唯一の目的だ。

 

特徴としては実例が豊富。そして実際に使えるツール書いてあります。

 

と言ってもアメリカの話なんですけど、だからこそ良さがある。

アメリカのwebサービスを知れたり、日本にはまだないアイデアのヒントをもらえますから。

 

「サイドハッスル」と連呼しまくってて「何それ」って思いつつ読んでいましたが、ニュアンスは少し違えど“副業”のことのようです。

 

 ただ収入を得るためのバイトになってはダメ

副業というと、空いた時間でコンビニや飲食店でバイトなどはよく挙げられますよね。

 

ですが本書でいう“副業”の根本的な考えとしては

「収入を増やし、選択肢を増やして、つまりはより自由になるもの」という位置付け。

 

サイドハッスルは、あなたの人生を楽にするためのものであって、苦労を増やすものにしてはいけない

 

なのでただ収入を得るためにバイトをしよう、というわけではない。

 

・1回限りの収入ではなく、繰り返し収入が発生する

・手間やお金があまりかからない

 

なアイデアが良いアイデアと言っていいでしょう。

 

また、「最初のうちは初心者のアイデアで構わないが、ある程度まできたら上級者のアイデアへと移行していくべき」とも。

例>>初心者のアイデア:ウーバーでドライバーをする

   上級者のアイデア:他のウーバードライバーを指導する

 

しんどくならないためも、頭に入れておきたい考え方ですね。

 

もはや鉄則。よく言われること

関連本などでよく目にする話も書かれています。

 

複数回目にした内容なので、もはや真理というか鉄則なのでしょうね。

 

例えばですが

「サービスを提供する相手を、徹底的に具体化する」

「多くの人に向けてではなく、一人に向けて書く」

「コピーライティングには数字、ポジティブな感情を引き出す言葉を使う」

「大事なのは“ストーリー”」などなど。

 

ほかにも「なぜ今このサービスが必要なのか」を訴えかけるためのテクニックなどもありました。

 

これらは広告を見てると本当に使われているので、効果があるんでしょうね〜。

 

アイデアが整理されました

『0円副業のススメ』で個人的に何がよかったかというと、頭が整理されて、やるべきことがハッキリしたことです。

 

以前からボヤッとした副業アイデアがいくつかあったのですが、「アイデアを比較してランク付けするための方法」「独自の良さ、難題を検討する方法」 が載っていたのでこれを機にやってみました。

 

するとなるほど、最初にやるべきことや、やりやすさなどがわかってきたんですね。捨てるべきものも判明し、優先順位もつけられたので、すっきりしました!

 

心に刺さったのは

探しているのは、ただ面白そうなアイデアではない。利益が見込めるアイデアだ。

 

どうやってそれを作り、市場に出すつもりなのだろう? あまりにも規模が大きく、経費のかかる事業ではないだろうか?

 

アイデア実行までの道筋がシンプルか

 

なぜ響いたのかといえば、頭にボヤーッとした大枠のアイデアはありながら重い腰を上げられなかったのは、いくつか上記に該当してたからなんです。

 

起業するならまだしも、副業なのに「わりと壮大なこと考えてたな・・・」と現実に引き戻してもらえました。

 

ワクワクする本でした

 と、得るものの多い本でしたね!

 

なんかやる気が出るんですよ、そしてワクワクするんです。

 

「顧客をワクワクさせよう」と書かれていたので、まさにギレボーさんの思うツボになってて「やられたり・・」って感じですが・・。

 

次から次へとサイドハッスルを始めよう

 

必要なのはがんばりすぎることではなく、賢明な働き方をすること

 

サイドハッスルは、完璧に準備ができたと感じる前に始動せよ

 

確信がないなら、とにかく始めてしまえ

 

 こんな感じで鼓舞されます。

 

ここだけ見ると自己啓発本ぽく見えるかもですが、実用書です。

 

行動がすべて 

著者が言うように

 

サイドハッスルは行動がすべて! 

準備が完全に整っていなくても、あなたのアイデアを世に出していこう。その結果を見て、必要ならば再編や改良をしていけば良い。

 

そう、結局は、とにかく行動することなんです。

 

どんなに良い実用書を読んだところで 自分が行動しなくては、何か始めなければ何も始まらないんですよね。

 

私もこの本でアイデアの優先順位がつけられたので、やります! 今週の土曜から・・笑。

 

さておき、著者のクリス・ギレボーさんの人生のテーマは

「自分が望む生き方をしながら、同時にほかの誰かを助ける」というものなんだそう。

 

訳者の中西さんのあとがきによれば

「何かに制約されず自分の望む道を貫きつつ、ほかの誰かを助ける生き方」。

 

この考え方はビジネスを成功させる一番の近道で、自分のやりたい仕事ゆえ情熱を傾けることができ、人(顧客)を助ける、あるいは喜ばせること(モノ)を提供すれば、商売もうまくいく。

 

副業いえども、成功しているサイドハッスルの実例はどれもこのビジネスの基本をきっちり押さえています。

 

これだけで満足できますね 笑。時間がない方は訳者のあとがきだけでもどうぞ、3ページだけです。

 

 

 

 おしまい

 

\こんな記事もあります/