コンタクトレンズの個人輸入代行は違法じゃないの? なぜ安い? 調べてみた

f:id:shimakumasan:20181013170549j:plain

 

コンタクトレンズをネット通販で買おうと思い、安全性や料金を比較検討しています。

関連記事:【送料込みで徹底比較 】 安い&安心!ワンデーアキュビューモイスト購入をできる、おすすめネットショップベスト3

 

ひときわ安価なネットショップがあるので何でかな? と思い調べると、販売ではなく「個人輸入代行」をしているとのこと。

 

コンタクトレンズは「医療機器」なのに、個人輸入代行するのは違法じゃないのか、問題はないのか。またなぜ安いのかなど気になることを調べました。

 

個人輸入の形態はおもに2つ

そもそも個人輸入が何かというと、じつははっきりとした定義はないものの

 

「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」

 

といわれています。個人輸入の形態には

 

  1. 輸入者自身が購入したい品物を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに注文して、そこから直接購入する方法
  2. 輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて輸入する方法  

 などがあります。

 

今回の記事は「2」の代行業者を通じた個人輸入の形態のお話ですね。

 

本人は個人輸入してるつもりはなくとも、じつは代行業者を通じて個人輸入をしていました、というのはおそらく珍しい話ではないでしょう。

 

私は現在目やコンタクトレンズに関することに過敏になっているので手を止めるクセがついてしまっていますが、ネット通販でコンタクトレンズを買う時に、普通に買ったつもりだったけど輸入代行で購入してた、なんてことはよくある出来事なんじゃないかと思います。

 

というか実際友人が「ネットで買うと安いよ、なんかシンガポールから届いてたけど」と言っていました。

 

個人が輸入できるコンタクトレンズは2ヶ月分 

コンタクトレンズを個人輸入代行するのは違法ではないのか? 

 

これは結論から言うと

コンタクトレンズは2ヶ月分であれば輸入できる

 

その際の注意点としては、個人的な使用が前提の輸入なのでほかの人に売ったり譲ったりはできない、またほかの人の分をまとめて購入できないことが挙げられます。

  

ちなみに上記の範囲を超えた個人輸入の場合、薬監証明の申請が必要となります。

  

個人輸入する場合のリスクとは

f:id:shimakumasan:20181013170916j:plain

コンタクトレンズに限らず、医薬品や医療機器を 個人輸入する際には、どんなリスクがあるのでしょう? 国が注意喚起するリスクとしては

 

・日本の法律に基づく品質・有効性・安全性の確認がされていない。製造された国によっては品質確認がなく販売されているケースも

 

・ウソや誇張した効果を謳っている場合がある

 

・不衛生な場所で作った可能性も

 

・正規メーカーを装ったニセモノである可能性もある

 

実際に個人輸入した医薬品等の使用にようる健康被害の事例が報告されています。

 

また具体的な注意すべき医薬品等についても報告がありますが、調べてみるとダイエット系や性機能系の商品が多い印象ですね。

(参照:健康被害情報・無承認無許可医薬品情報|厚生労働省

個人輸入において注意すべき医薬品等について|厚生労働省)

 

日本コンタクトレンズ学会が懸念するコンタクトの個人輸入のリスク

医薬品や医療機器全般についてのリスクについて見たので、お次はコンタクトレンズの個人輸入にまとを絞り、日本コンタクトレンズ学会懸念するリスクを見ていきます。

 

・処方箋なしを売りにしているので、使用者は眼科を受診していない可能性があり、眼障害の発生に気づかずに購入している恐れが

 

・適正な使用方法を伝達していない、日本で認証されてない使用方法を勧めているケースも

 

・製品外箱のロット番号等の情報を削り取り販売している場合がある(海外で横流し先を特定されることを防ぐため)

 

が挙げられます。

 

コンタクトレンズの個人輸入で実際にあった相談は?

国民生活センターの情報によると、実際にあった相談としては

 

・ネットでコンタクトを注文して合わなかったため返金をお願いしたが、サイトは海外のメーカーとの仲介をしているだけなので返金はできないといわれた

 

・最初から傷がついていた

 

・度数の異なるものが送られてきた

 

などがあります。

 

日本で売られているコンタクトレンズと同一なのか?

さて、海外から輸入されたコンタクトレンズは日本で売られているものと同じものなのでしょうか?

 

 少し古いデータになりますが(2008年)、日本コンタクトレンズ学会の研究報告によると

 

・外箱も含めて日本で販売されている製品と同一と回答したのが 2 社(29%)

・外箱は違うが日本で承認され ている製品と回答したのが 2 社(29%)

・日本で承認されていない製品と回答したのが 3 社(43%)  

 

という報告がなされています。 

 

度々ネット上の情報で「日本の製品とすべて同じもの、そもそも日本で売られているコンタクトレンズは輸入品のパッケージを日本仕様にしただけだから」の表記を見かけますよね。

 

 研究報告を見て「日本で承認されていない製品」が2008年の時点で3社もあるのか、と少々動揺しました。やはり自分の身は自分で守らないとですね・・。めっちゃ調べようと思います。

 

 ただ明らかにまずいものは

「明らかな未承認品、及び、承認品でもパッケージ(外箱)相違品は未承認と 看做すとの厚労省の見解に従い、このような製品のネット上での告知は未承認品の広告に当り違法 であると旨の警告を行い、ネット掲載を中止するよう働きかけている」

 というように、排除されていく傾向にはあるようですね。

 

 自分の身は自分で守るべし  

f:id:shimakumasan:20181013171522j:plain

さてここまでリスクばかり見てきましたが、結論としてはやはり自分の身は自分で守るべし、ということですね。

 

今回はコンタクトレンズの個人輸入に限った話をしていますが、あらゆることに対しても基本は同じことが言えますよね。

 

上記で見てきたリスクですが、正直そんなに驚く内容ではないという印象です。

 

なぜなら「個人輸入代行」はあくまで「代行」をしてくれているだけなので、商品から派生する問題は購入した本人のリスクになります。

 

国民生活センターに寄せられた「海外メーカーとの仲介をしているだけなので返金はできないといわれた」「傷があった」など消費者の方に非があるような・・・ホームページに注意書きがありますからね。

とにかく、コンタクトレンズや個人輸入に限らず、よく聞く話といえます。

 

ただ目は一生モノで、健康は生活にダイレクトに影響が出ますから特に気合を入れて調べまくりたいです。

 

またコンタクトレンズのケアもきちんとして、眼科の定期検診にも行かないといけませんね。

 

ほかのネット通販に比べて安いのはなぜ?

 消費税がかからないから、といわれています。

 

そのほか店舗を持っていないことや、人件費の関係もありますね。他のネット通販は、ネット通販に加えて実店舗でも営業を行なっているお店は多いです。

 

ちなみに私は海外の方が安いから、という理由が一番大きいだろうと思っていたのですが、シンガポールのサイトでワンデーアキュビューモイストの値段を調べたところ、もやは日本のネット通販より料金高いのですね。問い合わせると「消費税がかからない」と教えてもらえるのですが、本当の安さの真髄は他にある気がしますが。

 

まとめ:輸入代行はあくまで代行。自分は自分で守ろう

 

・コンタクトレンズの個人輸入代行は2ヶ月分だったらOK

 

・ 日本の法律に基づいた品質ではない&日本で売られているコンタクトレンズと同一商品ではないケースがある

 

・ただ輸入代行はあくまで「代行」。商品から派生する医療問題は、消費者のリスク

 

・他のネット通販と比べて安めなのは、消費税がかからないから。といわれている

 

輸入代行は処方箋なしOKが基本なので、眼科やコンタクトレンズ関係組織にとってはそこが懸念点である一方で、消費者にとってはそこがうれしいポイントでもありますよね。

関連記事:【送料込みで徹底比較 】 安い&安心!ワンデーアキュビューモイスト購入をできる、おすすめネットショップベスト3

 

【送料込みの最安値はどこ?】ツーウィークアキュビューを安心して買えるおすすめショップ

 

なので、目の健康を守るためには眼科を定期的に受診して、コンタクトレンズは正しくケア、使用をしていきましょうね!

 

私も眼科に行くのが面倒&落ち込む(やっぱ目が悪いんだという事実を直視したくない)のですが、何かあってからじゃ遅いですから。ネットで買ったり、眼科に行ったら店舗で買って見たり、うまく買っていきたいです。

 

安さを追求する一方で、やっぱり一番大事なのは目の健康ですからね。視力を落としてしまったのは自分なので、せめて今の状態を維持したいです。

 

 

 

おしまい

 

 

\関連記事/