コンタクトレンズ用の精製水の使い方。コンタクトケアであまり使う機会はない

 

どうも、ソフトコンタクトレンズユーザーのしまくまです。

 

ソフトコンタクトレンズにまつわる固定費を下げたく、さまよってます。

洗浄液(オプティフリーやレニューなど)ってちょっとお高めですよね。地味に家計に響くので、何かいい手はないか試行錯誤しておりました。

 

コンタクトレンズ用精製水というものが売っています。

 

これが100円くらいなので、これは・・・! と希望を見出しました。

自分が使っているオプティフリーの代わりになるのでは・・? と。

 

で、色々調べたり企業に問い合わせたりした結果、希望が見事打ち砕かれました。

結果から申し上げますと、現在では、ソフトコンタクトレンズのケアにおいて、あまり使う機会はありません。

 

コンタクトレンズ用精製水の使い方

f:id:shimakumasan:20180529172657j:plain

・ソフトコンタクトレンズのすすぎ液、保存液の調整に使う

 

つまり、すすぎ液・保存液をつくるために「顆粒や錠剤を溶かす水」として使うのが、この精製水ということ。

 

一昔前のコンタクトレンズケアといえば、煮沸消毒。

 

その際、自分で錠剤を溶かして、液を作っていたのです。

その頃に発売されている昔ながらの商品が、コンタクトレンズ用精製水、と考えるとわかりやすいかもしれないです。

  

 

コンタクトレンズ用精製水は、そのままではコンタクトを洗浄できない

上記を踏まえまして、結果としては

 

コンタクトレンズ用精製水のみでは

ソフトコンタクトレンズのすすぎ・保存はできないし、やっちゃダメ

 

ということです。

コンタクトレンズが変形してしまう原因になります。すすぎ・保存どころか、もちろん消毒・洗浄もダメです。

 

私の最初もくろみとしては、オプティフリーなどとそっくりそのまま置き換えられないかな、でへへ・・・でした。 

 

まあおそらく無理だろうから、どこか一部でも置き換えられないか、と希望を持っていました。コンタクトレンズ用って書いてあるしな、何かあるんだろうな、と。

 

結果、無理。ということですね。しょぼん。

 

なので、コンタクトケア用品が進化してきた現在においては、コンタクトレンズ用の精製水を使う機会は、ほぼないといえます。

 

精製水の使用期限は短い。余ったときの用途

 精製水は殺菌成分など入っていないピュアな水。開封時に雑菌が混入すると微生物の増殖の可能性が高いので、開封後の使用期限は約1週間です。

 

なので使い切れずに余ること多いですよね。他の用途では

 

・スチームアイロン用の水として

・加湿器・加湿吸引用の水として

・バッテリーの充電液として

・プレ化粧水として

・手作りの化粧水として

 

使えます。化粧水などパシャパシャたくさん使える(早めに使わなきゃいけないし)のはいいですよね。

 

 

 

余談ですが

今回企業に問い合わせたら、じつは一旦はオプティフリーなどと混ぜ合わせて使える、という情報をゲットし、意気揚々としていました。が、念のため色んな方面から調べたり、多方面の企業に数社問い合わせた方がよかろうと続けていたら、アカンことが発覚。

 

病院のセカンドオピニオンじゃないですが、健康に関わることは左右前後から腑に落ちるまでやらんといかんですね。痛い目見るのは自分ですから・・。

仕事で、よくわかんないけど確信持ってないのに答えちゃう、っていうことがあるのはなんか体感としてわかりますからね。

 

 

関連記事