【レビュー】ハイチュウアイス グレープ味が、おそろしいほどにハイチュウ

 

ローソンでハイチュウアイスを発見。購入。

 

調べてみると、ローソン限定商品らしい。140円(税込)。

f:id:shimakumasan:20180801222519p:plain

 

去年のことだったろうか。ハイチュウアイスを初めて食べて、あまりにハイチュウで職場で隣の席の人に「とにかくハイチュウだったから食べてみてくれ」と頼んだのは。

 

f:id:shimakumasan:20180801223038p:plain

140円(税込)、178Kcal。

 

そう、あまりにハイチュウで衝撃だったのだ。

 

 

ちなみに私は、その昔ハイチュウにはまっていた。

 

当時学生で、1日あたり食費に200円しか使えない時期があった。

「だめだ、ハイチュウを買ったら食事はどうするんだ私! だめっ!ああっ、あ? あ。・・・ハイチュウください」

といった具合で食費の半分がハイチュウに消えていた。

そんな具合で毎日ハイチュウを食べている日があった。グレープ味が主だった。

 

現在は毎日食べるほどじゃないが、ハイチュウは好きなままだ。

 

 

さて、去年のハイチュウアイスと同じ商品なのかどうかはもはや忘却の彼方だが、今年も食べた。ハイチュウアイスのグレープ味。

 

パッケージの写真だが、ツートンカラーに見える。

f:id:shimakumasan:20180801230927p:plain

なにこれ

 

f:id:shimakumasan:20180801231049p:plain

 

実際を見てみると、ツートンカラー感ほぼなし。

 

ムラサキ色が寄っちゃったのかな、とちょとした違和感を感じ、その後パッケージの写真を確認したのだが

f:id:shimakumasan:20180801231248p:plain

コレね

 

ああ、本当はこうしたかったんだ、と思ったがまあ見た目はなんでもいい。

 

f:id:shimakumasan:20180801231420p:plain

手前からパク。

 

・・・・今年も・・・ハイチュウじゃい!!

 

いやー本当にハイチュウ。なんで? なんでなの? 

味もそうなんだけど、食感もハイチュウなの。

 

こんなにハイチュウなら、なんでアイスにしたんだろう。

f:id:shimakumasan:20180801231719p:plain

こんな何でもないような書き方をしているくせに、めちゃハイチュウ

 

「ハイチュウの味わいをイメージしてつくりました」ルンッ!

 

いやあんた、これえらい努力したろう? 味わいをイメージして作りましただと?

イメージどころか ハイチュウ そ・の・も・の!!

 

ものすごい頑張って誰かの手伝いをしたのに「いや、ただの暇つぶしに来てるだけだから」

 

水中でものすっご辛いながらも1分間息を止めたのに「(ゼハーッゼハーッゼハーッ、ガッ、ゴフッ、ゼハーッ。ザブッ)あ、もう1分たった?(涼しげな顔)」

 

みたいな人物って感じがする。ハイチュウアイスを人間にしたら。クールだな。アイスだけに。

 

f:id:shimakumasan:20180801233032p:plain

後ろ姿もご堪能ください

 

食べるとき、スプーンに乗せて一口でパクッと全部いくのでなく、

スプーンに多めにアイスをすくって、一層ずつなめるような具合でちょっとずつ食べて欲しい。

 

その際スプーンにすくったアイスを上からぺろぺろするのではなく、スプーンごと口に入れる。

 

口に入れてスプーンを出したら、まだスプーンにアイスがある状態、という感じなのですが、伝わりますか?

 

もしこういう食べ方に抵抗がなければ、ぜひやってみてほしい。

なぜって、よりハイチュウだから。こわいくらいにハイチュウ。食感しかり。食感、味、ハイチュウ。

 

本当に何でアイスにしたの? ハイチュウそのものじゃん。ハイチュウのままでよくない? 

そんな疑問で頭がいっぱいになるくらいハイチュウ。

 

f:id:shimakumasan:20180801233842j:plain

もう一回載せちゃう

 

ローソンのホームページで発見。

数量に限りがあるため、なくなり次第終了となる場合がございます。

※店舗、地域によりお取扱いのない場合がございます。

※地域により予告なく販売終了になる場合があります。

 

定番商品にしてくれえええええーーーー

 

 

そういえば去年もいつのまにか姿を見なくなっていた。

 

ということで、いつなくなるかわかんないので、見かけたら食べよう。

ハイチュウアイスがハイチュウすぎて衝撃が感動に変わります。

 

 

おしまい。

 

 

\あわせてドウゾ!/