【蚊に刺されたあとの対策】蚊に刺されてかゆい! を軽減する対処法

f:id:shimakumasan:20180725001041p:plain

 
 刺されないための対策をしても、やっぱ刺されちゃうこともありますよね。蚊だもの。にんげんだもの。
 

ということで、かゆみを抑える方法をまとめました。

 

一番カンタン! かゆくなくなった「気」がする方法

じつのところ気休めの知恵。かゆみがなくなるわけじゃないのですが、かゆみが軽減されたと錯覚する方法です。個人的には、どれも実際かゆみがおさまっていると感じるのですがね。

  

・刺された箇所に爪でバッテンをつける

f:id:shimakumasan:20180725001125p:plain

身ひとつでできるので、学校、職場、外出先、家、どこでもできます。

私も、刺されたらとりあえずバッテンつけてしまいます。

 

 ・刺された箇所をボールペンで縁取る

ちょっと楽しい。

「真ん中に、真ん中に刺された跡を入れてやる・・!」

 

身の回りにあるものを使ってかゆみを抑える方法

お次は、効果があるといわれている方法。ちょっとしたアイテムが必要ですが、生活する上で身近なものばかりなので、お金もかからないしカンタン。

 

・水で冷やす

皮膚が冷えると血管が収縮。するとかゆみがおさまります。

氷でももちろんOK。 気持ちいいーー!! 

 

・塩を揉み込む

f:id:shimakumasan:20180725002210p:plain

刺された箇所で、かきすぎて血が出た部分も含め揉み込んでみましたが意外なことに痛くなかったです(「伯方の塩」使用)。そしてベタつきもしない。

 

ただ床にボロボロ落ちるので、流しや屋外など片付け不要な場所で揉みこみたい。

 

・柑橘系の果汁を塗る

レモンを塗ってみました。しみる箇所としみない箇所アリ。

刺されてすぐの部分はしみました。が、我慢できる程度です。

 

でも、力強く塗ったら果肉が取れて肌にくっつき後処理がめんどうなことに・・。

使うのであれば、使用済みの柑橘(唐揚げに絞ったレモンなど)の方が果肉カスカスなのでよさそう。

 

市販品に頼る

私は結局家では、爪でバッテンつけたり、ペンで縁取ったあとは市販品頼りです。だってとってもかゆいから。市販品がかゆみ抑えるには最速ですよね、どうしても・・・。

 

個人的には液体ムヒが一番効くのでこれ一択。

 嵐の相葉くんが「日本一ムヒが似合ってしまう男」という設定でCMに出ていましたが、無理ありますよね。。

 

50代以上の人々には「液体キンカンがすっごい効く」とよく勧められます。私はあまり効果を感じない・・ていうかあまり効かないのですが、個人の差異?それとも年齢に関係あるのかは不明です。

 

まとめ

 かゆいのって、地味にストレスですよね。

外出先でかゆくてムヒがないと、血が出るまでかいてしまうんですが跡がやばいことに。周りに病気かと思われてます。てへ。

みなさんはこんな風になる前に手を打ってくださいませー。

 

刺されないための対策はこちら↓ 

本気の蚊対策。発生源〜刺されないための対策をまとめたよ

 

 

 

おしまい

 

 

\関連記事だよ/