会社の人間関係がつらい人は、感情を薄くするとラクになる

f:id:shimakumasan:20190118155056j:plain

 

「上司と上手くいかない」「同僚が仕事できなくて腹立たしい」「部長が不倫してて気持ち悪い」「仕事できない人と給料が同じなのが嫌」

 

こんな具合で、知人にいつも会社の人間関係に悩んでいる人がいます。

 

彼女たちの場合「仕事の悩み=人間関係の悩み」といえます。

 

一方私は、もちろんウマの合わない人がいたり、ときにイラッとしたりするものの、とくに職場での人間関係で悩んだことはありません。

 

最近気づいたのですが、いつも悩んでいる彼女たちには共通点があります。

そして私を含め、基本的に人間関係で悩まない人も然り。

 

ということで本記事では、会社での人間関係に悩まないコツにをお伝えします。

 

人に対する感情を薄くする

f:id:shimakumasan:20190118155356j:plain

 

これから具体的に見ていきますが、

 

すべてに共通するのは「人に対して感情を薄くする」ことといえます。

 

うわさ話は言わない・聞かない

社内のうわさ話は言っても聞いても、いいことは一つもありません。

 

うわさ話というのは概して良くない内容ばかりですよね。

 

とくに個人に関するネガティブな情報はシャットアウトで!

 

ある同期は、Aさんの悪口を吹き込まれたのが原因で、Aさんを嫌いになっていました。だけど実際に付き合ってみないと、本当はどんな人かなんてわかりませんよね。本来、うわさ話経由では人は判断できないもんです。

 

うわさの真相がどうであれ、嫌いな人が増えたって仕事上でも精神衛生上でもいいことは何一つないですから。

 

言わない・聞かないは鉄則です。

 

踏み込みすぎない

距離を保つことです。

 

距離が近くなりすぎると、仕事上でもどうしても感情が絡んできてしまいます。

 

みんなで気持ちよく仕事をするのは大事ですが、踏み込みすぎると泥沼に足を突っ込む恐れがあるので、お互い快適な距離感をキープです。

 

人間関係相関図に無知でいる

誰と誰が犬猿の仲で、誰は仲良し、ここは昔一悶着あった・・・

 

などなど、人間関係の相関図は知らないでおきましょう

 

知らなければ板挟みにならなかったり、仕事を頼みやすかったりなど、気持ちに負担がなくてラクです。

 

知りすぎてると、しなくてもいい気疲れしちゃいますからね〜。

 

人はそんなに自分に興味ないと心得る

「あの人にこう思われているんじゃないか」「さっきの発言でどう思われただろう」

など、気になってしまうことってありますよね。

 

なかなか難しいかもしれませんが、どう思われているかは気にしないことです。


なぜって人はそんなに他人に興味はないので、たいていどうも思われてないからです。

 

できない人もいることを知る

「なんでこんなのができないの?」「手を抜いてる?」と、仕事ができない人にイラついていたら、できない人がいることも知ってほしいです。

 

私自身仕事ができる方じゃないのでわかるのですが、やっぱり頑張ってもできないことってあるんですよね。仕事ができる人は、理解しにくい話だとは思うのですが。

「なんでできないの?」と思わずに、「できない人もいるのだ」と受け入れて付き合っていただけると助かります!

 

 会社は仕事をする場所なのを思い出す

 会社は仕事をする場、価値を生む場所で、学校でなないですよね。

 

友だちを作るところではなく、価値、売り上げを創出するために大勢が集まっているんです。

 

なので、人間関係じゃなくてなく仕事内容で悩むのが本来です。

 

人間関係ですり減っていたら仕事のパフォーマンスが落ちるので、「仕事をするために会社にいる」ことを適宜思い出すといいですよ。

 

 知らない方がいいことは、いっぱいある

f:id:shimakumasan:20190118155618j:plain

 

ということで、感情が濃いと、人間関係の波に飲まれることが多くなる印象です。

一つ一つの話に対して過剰に反応してしまいますしね。

 

感情を薄くすると、だいたいが「へー」で流せますよ。

 

ガンガン出世を狙うのであれば多少の社内政治に精通していないとですが 、基本的には社内の人間関係は、近づきすぎず、知りすぎないのが吉です。

 

知らぬが仏で、働きやすかった

私が新卒で入った会社は、人間関係を含め非常に働きやすいと思っていたのですが、それは私が感情が薄く、鈍感だったからでした。

 

辞めた後に人間模様をいろいろ知ったのですが、「知らなくてよかった〜!!」と胸をなで下ろしましたよ。

 

勤めていたときは、社内のことを

・耳に入れない

・話に加わらない

・嫌なこと聞いたらすぐ忘れる 

などでボーッと過ごしていたんですね。

 

だけど辞めたからいいか、と話を耳に入れてみたらドイヒーな話がなかなか出てきまして・・・。

 

知らぬが仏とはこのことです。

 

円滑に仕事を進めるのに、ベタベタな関係は不要です。

 

「周りも自分も気持ちよく仕事に打ち込める」程度の境界線をさりげなく引きましょう

 

気を使われすぎるのは、疲れる

 社内の人間関係を知りすぎると、妙に気を使ってしまうことがありますよね。

 

でも、気を使われすぎるのって案外疲れるんです。

 

なのでいろいろと知りすぎない方が、周りも気持ちいいはずですよ。なのでボーッとしておいた方が、お互い快適です。

 

会社の人間関係に興味を持たないとラク

f:id:shimakumasan:20190118155858j:plain

 

そもそもなぜこんなに感情が薄いのかというと、会社の人間関係にほとんど興味がないからです。

 

なので根本的に社内の人間関係に興味を持たなければ、感情が薄くなってラクだと思いますよ。

 

難しい場合は、仕事でも、仕事以外でもほかに興味があるものを持てば、社内の人間関係に思考を使う隙が徐々に狭まってくるはずです。

 

もちろん本記事の方法は万能ではないですが、いくぶんかはラクになると思いますので、肩の力抜いていきましょう。

 

 

おしまい

 

 

ちなみに社内の人間関係では悩みませんが、社内の「人間」そのものでちょっと大変だったことはあります↓

 

\こんな記事もあります/