みんなで食べることがまた「ふつう」になる。キッチハイク、知ってる?

 

私、知りませんでした。

「キッチハイク」がサイトをオープンしたのは2013年。

料理をしたい一般の人と、それを食べたい人をつなぐサービスです。

 

友人がこの「キッチハイク」を使ってご飯食べることがある、の発言から知りました。

 

共同代表の言葉にじーんとした

調べてみると、共同代表のメッセージが。

 

        共同体のなりたちについて、本を読んでいた時のこと。

 

「 縄張りに入ってきた部外者と友好を深めるためには、

一緒に食事をするのがいちばんだ。

地球上のすべての民族が、根源的にこの慣習を持っている。」

 

そんな一節に出逢った。

 

そして言葉が続くのですが、

 

いよいよ、世界は変わると思う。

みんなで食べることが、また“ふつう”になるのだ。

さぁ、もう一度、食卓からつながる時代をはじめよう。

 

じーん。

興味をそそりますね。ということで「キッチハイク」の内容について調べました。

 

キッチハイクって、どんなサービス? 

f:id:shimakumasan:20180731162854p:plain

 

さて、「キッチハイク」はどんなサービスかというと。 

 

料理を作る人(COOK)と、料理を食べる人(HIKER)をつなぐマッチングサイトです。

 

コンセプトは簡単にいうと「みんなでごはん食べよう」。

 

 

COOKがごはん会を開催します。

HIKERはキッチハイクのサイトにてごはん会開催のお知らせ(Pop-Up)をチェックしたり、COOKを検索したりしてお目当のごはんを見つけて予約。

 

料金はごはん会によりますが目安として2000〜3000円くらい。

居酒屋に飲み会に行くより安い。もしくは友人とちょっとしたごはんを食べに行くくらいの料金といった印象です。

 

開催人数は、だいたいは4〜10人くらい。

 

そしてHIKERの9割が一人で参加しています。

 

場所は自宅だったり、貸しキッチンだったりといろいろ。

 

当日みんなで食べて、その後レビューを書きます。

 

ちなみに参加している友人によると、人気のCOOKは予約が埋まるのが早いらしい。

 

 

もちろん自分もCOOKになれる

HIKER側の目線でサービス内容を書きましたが、もちろん自分がCOOKにもなれます。

 

COOKになるための資格は必要なし。

 

手数料は、売上の20%です。

 

COOKとして参加するには

① 自分が作りたい料理を振る舞うパターン 

② すでに決まっているレシピを作る『みんなの食卓(みん食)』でCOOKとして参加するパターン

 

の2パターンがあります。

 

①は言葉通り、自分が場所、料理などすべて決めて開催するもの。

 

②の『みんなの食卓』というのは、定期開催されるごはん会のこと。

 

『みんなの食卓』でCOOKがやることは、調理と食べることだけ。

f:id:shimakumasan:20180801160827p:plain

 

というのも、献立作成や材料の準備、会場の手配などはキッチハイクが行ってくれるから。料理が好きだったり、得意な人は気軽にCOOKとして参加できますね。ちょっとしたお小遣い稼ぎとしてもいいのではないでしょうか。

 ↓

『みんなの食卓』を詳しく知る

COOKとして参加する

 

 

どんなごはん会(Pop-Up)があるの?

本当に様々で「映画『かもめ食堂』に出てくるシナモンロールを食べよう」

「豆腐をイチから作ってできたてを食べる」

「上海の家庭料理」

「私が作った無農薬野菜で作るおうちごはん」

などなどなど。

 

また、ヨガ+ごはん会(ヨガの後にごはんを食べる)だったり、お灸+ごはん会だったりとプラスアルファのものもあります。

 

 

友人は新鮮な大きい海鮮を使ったごはん会に何度か足を運んだそう。たしかに自分じゃ作るのが難しい(まず材料を揃えられなそう)ので、行きたくなります。

 

またよそのおうちが何食べてるかって案外知らなかったり、頻繁に食べる機会があるもんでもないのでシンプルにおうちのごはんも惹かれますね。

 

 

「みんなでお店」もある 

f:id:shimakumasan:20180801171712p:plain

さらに「みんなでお店」という、文字通りみんなでお店に行くPop-Upもあります。

 

ざっと見たところ結構満席になっており、人気のある企画のようです。

 

お店を選ぶ人は「日直さん」と呼ばれ、いわゆる幹事のような役割を果たします。

といっても、やることはこれだけ。

f:id:shimakumasan:20180801171431p:plain

 

この日直さん、なるといいことがあるんですね。

 

① 行きたいお店で企画できる

② 1000円引きクーポンがもらえる

 

日直さんの役割が得意、もしくは苦ではない人は、日直さんでの参加がおトクですね。

日直デビューまではこんな感じ。

f:id:shimakumasan:20180801171523p:plain

 

日直さんになる

 

 

誰かに作ってもらうっていいよね

いいサービスですよね、キッチハイク。

 

さて、自分ではなく参加した友人談で恐縮ですが、参加する人は独身の人が多いらしいです。

 

ちなみに友人の場合、婚活の一環で参加しているとのこと。

 

確かに「婚活」という共通点がある婚活パーティなどよりは、「食」という共通点がある方がはるかに波長の合う相手がいるでしょうし、男女問わず話ができる環境の方がのびのび楽しそうです。

 

 

しかしお店に行くのもそうですが、誰かに作ってもらうって、いいもんです。

私は料理が壊滅的に苦手なのですが、料理が上手な人、料理が趣味な人は最強で最高だと思います。

 

料理が趣味だと、素材を作った人もうれしい、素材もうれしい、振る舞われる人もうれしい、作る人は料理が趣味だから楽しい。全員が幸せ、全員がうれしい。つらくなる人は誰もいない。最高ですよ。

 

 

おしまい 

 

 

\あわせてどうぞ/