キモノプロジェクトって知ってる? きれいなもの見たい欲が満たされる!

 

最近きれいなものを見たい欲がすごいです。

 

戦時中を生き延びた芸術家が「きれいなものを見たくて。それで作った」というのを度々耳にしますが、私、夢の中で戦地にでも行ってるのでしょうか。きれいなものや可愛いものがこの頃見たくてしょうがないです。

 

さて、KIMONO PROJECT」をご存知ですか?

 

簡単に言うと、いろんな国をモチーフとした着物や帯を制作するプロジェクトです。

 

これがまー美しいこと。着物と帯ですからね。しかも「国」をモチーフとしてるからおもしろいんです。

 

どこの国がモチーフになってる?

百聞は一見にしかずということで、こちら。どこの国がモチーフだと思いますか?

f:id:shimakumasan:20180726234508p:plain

 

ヒント。着物の一部をアップにしました。

 

f:id:shimakumasan:20180726234711p:plain f:id:shimakumasan:20180726234754p:plain f:id:shimakumasan:20180726234817p:plain

 

アポロ計画、映画、自由の女神・・

 

はい、そうです、アメリカ合衆国です!

 着物全体で見ても細かい部分を観察してもおもしろいです。

 

KIMONO PROJECT(キモノプロジェクト)って何?

 

日本が世界から注目される2020年に向け、
196ヵ国それぞれの国をモチーフとした着物と帯を制作しています。
世界中の国々を等しく「思い」、それぞれの国の文化や伝統を「想い」
日本を代表する着物作家達の手によって、一枚一枚作品が作られています。
196枚全てのKIMONOを完成させ一堂に集め、
「世界はきっと一つになれる」というメッセージを世界に発信していきます 。

KIMONO PROJECT - 一般社団法人イマジン・ワンワールド

 

2020年に向け、 196カ国それぞれの国をモチーフとした着物と帯を作っているプロジェクト、ということですね。

 

ねらいは

KIMONOを通し、日本の素晴らしい文化と技、「和」を重んじる精神性
「世界はきっとひとつになれる」というメッセージを世界へ伝えていきます。

 はい、「世界はきっとひとつになれる」を世界へ伝えることです。

 

 

個人的なお気に入り

さて、おもむろに個人的なお気に入りをいくつかピックアップします。

 

【ツバル】

f:id:shimakumasan:20180727104500p:plainf:id:shimakumasan:20180727104538p:plain

 

色合いが美しいです。そして帯もクール!! ふつうに日本の着物としても売られてそうな気がしますよね。欲しい。

 

【リトアニア】

f:id:shimakumasan:20180727104943p:plainf:id:shimakumasan:20180727104955p:plain

クール!! 斬新!!

 

 

【ロシア】

f:id:shimakumasan:20180727105202p:plainf:id:shimakumasan:20180727105209p:plain

う、美しいっ!ロシアって感じ! ロシア人女性この着物似合いそう!

美しすぎておそロシア!! 帯も見てっ! 素敵すぎっ

 

【レソト王国】

f:id:shimakumasan:20180727105557p:plainf:id:shimakumasan:20180727105611p:plain

いいっ! なんかいいっ!! そしてすみません!レソト王国初めて知りました。南アの中にある国(!)らしい。全土の標高が1400メートルを超えるとのこと。へえー。

f:id:shimakumasan:20180727105838p:plain 実際に着た感じもステキです。

 

ひとまずこのへんで。

 

・・・・って、予期せず青系ばっかりになってて、自分の趣味嗜好を知る、そんな夏のある日。

 

1着の制作費は200万円 

主宰は一般社団法人イマジン・ワンワールド。代表理事は、高倉慶応さん(50)で、老舗呉服店を継いだ3代目です。ちなみに洋楽好きが高じて、ラジオの音楽番組のパーソナリティを務めていたこともあるらしい。

 

落ち込む業界を勇気づけたいと、キモノプロジェクトを思い立ちました。

 

思い立って、それを実際に実行に移すっていうのは、本当にすごいことだと思います。

規模がでかいです。1着の制作費は200万円、総額4億円。

 

キモノプロジェクトはすべて企業や人々からの寄付で制作されていますが、まず自費で5カ国分を仕上げました。この着物の出来栄えによって、最初は奇異の目で見られていたプロジェクトに作家さんや寄付が集まるようになってきたそうです。

 

目を引く着物

 続きまして、おっ、と目を引く、ほかとは違う個性を放つ着物をご紹介。

 

【ジョージア】

f:id:shimakumasan:20180727155033p:plainf:id:shimakumasan:20180727155108p:plain

ひ、ヒトー!! ヒトじゃー!! 人がバーン!といるデザインは今のところこれだけ。しかも着ると全然奇抜じゃなくて、おさまりがよくて美しい!

f:id:shimakumasan:20180727155326p:plain f:id:shimakumasan:20180727155341p:plain

 

 

【ドイツ】

f:id:shimakumasan:20180727155609p:plain f:id:shimakumasan:20180727155619p:plain

これがドイツだって知った日にはびっくらこきましたよ。でもなるほど、よくよく見てみると「音楽」が。そして帯。こんなん初めて見ました。しかもこれ、バームクーヘンなんですよ、デザイン。バームクーヘンですよ? あと動物。新しいですよねえ!

 

【フランス】

f:id:shimakumasan:20180727160059p:plainf:id:shimakumasan:20180727160106p:plain

見てください、この潔いデザインwo!! かっこいいっ! さすがフランス!!

帯がまた可愛いんですね。このテキスタイルを使ったワンピースや小物欲しいです。いやーかっこいいなあ。案外こういうデザインがほかにはなかったです。

 

【エチオピア】

f:id:shimakumasan:20180727161151p:plainf:id:shimakumasan:20180727161224p:plain

 

エチオピア!って感じですね(行ったことないけど)。帯も美しいです。

どうすればこんなデザイン考えられるんだろう? 何かを作る人って心底尊敬します。

 

【ケニア】

f:id:shimakumasan:20180727161932p:plainf:id:shimakumasan:20180727161940p:plain

これ好きですねー。日本とまったく違う風景なのに郷愁を誘うのはなぜでしょう。切なくなってきました。。ケニアに・・・・帰りたい・・・・(日本出身)。

実際に人が着ている写真がなかったのですが、見てみたい。

土地柄でしょうか。アフリカの着物は全体的に、ほかの地域と違った毛色の着物が多く見られました。

 

 

寄付によって制作されている

f:id:shimakumasan:20180727162928p:plain

 

 キモノプロジェクトの着物は、寄付によって制作されています。

活動資金を寄せていただくことで、より多くの学校教育の機会や、市民の国際交流の場を創出することが可能となります。

もちろん、日本各地で独自に発展してきた染色や織物の伝統工芸の技を絶やすことなく、一層の向上を果たす使命も本プロジェクトは担っています。ひいては地域社会の活性化、芸術性の高い作品を身近に鑑賞できる成熟した社会を実現することも可能となります。

皆さまからのご寄付が何より必要でございます。ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

法人のスポンサーは新日本製薬、JTB、ハウステンボス、九州電力、久留米運送,

TOTOなど多岐にわたっています。

 

また個人の寄付者も多数。スクロールが必要なくらい寄付者がいました! また匿名希望の方もいらっしゃるらしい。ヒーローみたいでかっこいいですね。

ご寄付者一覧 | piow

 

 現在も寄付を募っており、法人は一口10万円から、個人は一口1000円から。

※寄付金控除対象団体ではありません。

 

 寄付について詳しく知りたい方は、こちらにどうぞ。↓

KIMONOPROJECT | GIFT from People with LOVE -寄付のご案内

 

 

この着物もすてきですよね

さて最後に少しだけ、個人的にいいなあと思う着物を再び紹介させてもらいます! 

 

【フィリピン】

f:id:shimakumasan:20180727174159p:plainf:id:shimakumasan:20180727174225p:plain

着物の説明文を読むまで気づかなかったですが、椰子ですね。

あーさわやかで・・・・気持ちがいいです。

 

【パラオ】

f:id:shimakumasan:20180727190805p:plainf:id:shimakumasan:20180727190815p:plain 

紺碧が美しいです。色がいいですね。トリも。トリがモチーフになった商品て、とても魅力的に見えるのですがなんででしょうね。鳩サブレーもゴリラがモチーフだったら、味が同じでもおそらく今のように売れなかったですよね。

f:id:shimakumasan:20180727212813p:plain

 

【イタリア】

f:id:shimakumasan:20180727213221p:plainf:id:shimakumasan:20180727213254p:plain

豪華絢爛、華やか、たくさん詰め込んであるのに、全体の色に違和感がない。きれいですねえ。着ると、おキャンな娘具合が出て、またいいなあと思います。

f:id:shimakumasan:20180727213427p:plain f:id:shimakumasan:20180727213454p:plain

 

 

【エジプト】 

f:id:shimakumasan:20180727213914p:plainf:id:shimakumasan:20180727213924p:plain

色が好きです。帯も見てください、なんてクール・・・!!大事なことなので2度言うよ。かっこよすぎる!!かっこよすぎる!!

 

【イギリス】

f:id:shimakumasan:20180727214145p:plainf:id:shimakumasan:20180727214156p:plain

 

落ち着いた雰囲気がグッときます。安心して着られそう。帯はなんと「007」をキーワードに、スナイパースコープをモチーフにしたらしい。007好きなのですが説明を読んではじめて気づきました、言われてみれば!

f:id:shimakumasan:20180728011216p:plain

うーんきれい。

 

まとめ

2018年4月時点で、196カ国中、100カ国が制作されました。

 

公式HPを見ると、着物、帯の製作者やそれぞれの説明が書いてあるので、おもしろいですよ。

 

着物を見てどこの国がモチーフかを当てるゲームを一人でやってたのですが、ことごとくハズレました。案外難しかったです。

 

しかしきれいなものが見たいっていうのは、人間に組み込まれているんでしょうか。渇望するときがあります。

 

 

おしまい

 

\こんなのもあるよ/