文字に色が見える、数字に高さを感じる・・・。共感覚(きょうかんかく)な人々の話。

f:id:shimakumasan:20190505235407j:plain

 

「共感覚(きょうかんかく)」を知っていますか?

 

共感覚とは、複数の感覚が連動する珍しい現象のことで、たいていは文字や数字に色が伴って見える

 

私自身は共感覚を持っていないのですが、本記事では、私のまわりにいる(もしくは友人の知人)共感覚者のお話をします。

 

「間違えて別の青い色の駅に行っちゃった」

共感覚を持つAさん。

 

駅で待ち合わせをしましたが、待ち合わせ時間を大幅に過ぎても現れません。

 

で、連絡をしてみると。

 

「え! あ、〇〇駅の方だったか! 間違えちゃった」

 

「今どこ?」

 

「△△駅」

 

「めちゃ遠い駅じゃん! えらい間違え方だな」

 

聞くと、〇〇駅も△△駅も彼女にとっては同じ「青い色」の駅なんだとか。

 

「同じ青い色だからさ〜、間違えちゃった」

 

別に電車のデザインに青が入ってる小田急線だとかそういう話ではなく、駅名ごとに色がついてるらしい。

 

待ち合わせ場所を覚えるときは、色で覚えてるそうですよ。

 

お兄ちゃんの色

ちなみにこのAさんにはお兄さんが2人。

 

お兄さんごとに色があるらしく、

 

1番上は「赤いお兄ちゃん」

 

2番目は「緑のお兄ちゃん」

 

名前の色なのか、雰囲気の色なのかは聞かなかったので詳しくはわからないのですが、お兄ちゃんにも色があるのです。

 

 人にぼんやり色が見える

お次はBちゃん。

 

Bちゃんは、ハッキリとではないけど人に色が見えていたそうです。

 

人の輪郭からぼや〜っと色が出ていて、薄く色がついている。

 

彼女の場合は数字や文字も、ぼやっとなんとなく色のイメージがあるとのこと。

 

だけど彼女がテレビ局に就職して、2年くらい経った頃だったでしょうか。

「もう色とか、見えなくなっちゃった」

 

彼女いわく、「仕事で左脳を使いすぎてるからかな」。

 

それまでは美大で作品作りに没頭していたからなのか、学生の頃はもっと感覚が鋭くて、色以外にもBちゃんには本当にいろんなものが見えていたんです。

 

緑色の手がボールをテンテンと打っていたり、病的なまでのウソつきな人(←当時は知らなかったが、事件に発展し病的ウソつきだったと判明)がペラペラしゃべっているところを見たら口元がプロペラみたいになってたとか、いろんな話を聞きました。

 

社会人になったら、創作からは遠く離れた仕事内容で、激務だから家で作品を作る時間もない。

 

脳みそのどこを使って生きてるかで、共感覚ってもしかしたら衰退もしてしまうのかもしれないですね。もともと強い共感覚者でなければとくに。

 

数字に高さが見える 

 さて、聞く限り美大には共感覚者が多い印象を受けます。

 

何人も「数字に『高さ』が見える」人がいて、興味深いのがその『高さ』というのが全員共通してること。

 

私のように共感覚がない人間からしたら、もし『高さ』があるのなら数字順に高くなってくんでしょ? と思うんですけど、そうじゃないらしいんですよ。

 

(おそらく)規則性がない高さなのだけど、「数字に高さがある」と感じる人々は

「1はこのくらいだよね、で、5はこの辺の高さだよね」「そうそう!!」となっているので本当に不思議。

 

文字に色が見える場合は、人それぞれ色が異なるのに。う〜ん不思議。

 

数字に質感、動きが伴っていることもある 

共感覚に関する本をいくつか読んだのですが、なかでも読みやすくて内容もおもしろかったのが、『ぼくには数字が風景に見える』という本。

 

作者は、作家で、言語学者で、教師のダニエル・タメットさん。

彼の人生が書かれた実話の本なのですが、共感覚者はどういう風に世界が見えてるかが垣間見れます。

 

ただ彼の場合は、共感覚と共にサヴァン症候群と自閉症スペクトラムと、アスペルガー症候群にも該当するのでさらに多くの世界を体験できます。

 

ぼくの体験を、研究者たちは「共感覚」と呼んでいる。

〜中略〜

ぼくの場合はちょっと珍しい複雑なタイプで、

 

数字に形や色、質感、動きなどが伴っている。

 

具体的にどんな感じかといえば

f:id:shimakumasan:20190505235448j:plain

 

1という数字は明るく輝く白で、懐中電灯で目を照らされたような感じ。

 

5は雷鳴、あるいは岩に当たって砕ける波の音。

 

37はポリッジのようにボツボツしてるし、

 

89は舞い落ちる雪に見える。 

 

 ちなみに著者は、どんな計算も暗算ができるし、共感覚がもたらす形を使って答えを視覚化する方が、学校で教わる方法よりもずっと簡単なんだそう。

 

たとえば

 

掛け算するときには、まったく違う形をしたふたつの形が見える。その形が変化して第三の形が現れる。それが正しい答え。瞬く間に、自然にそうなっていく。頭を使わずに計算している感じだ。

 

え?

 

つまりこんな計算方法らしいのですが

f:id:shimakumasan:20190506000034j:plain

 

図で見ても、まじわかりません。。こんな計算方法があるなんて、知ってました?

 

余談ですが、この本を読んでいると「数字」自体がものすごく不思議だという気持ちが湧いてきます。心底。

 

規則性はあるのか?

共感覚の研究者によれば

 

色のついた言葉はその言葉の最初の文字で決定される 

らしく、どういうことかといえば

 

yoghurt(ヨーグルト)は黄色(yellow) 

 

gate(門)は緑(green)

 

など。

 

著書もこれに当てはまるけれど、すべての言葉がこの法則に当てはまるわけじゃないらしい。

 

英語圏の話なので、日本語だとどうなのでしょうね。

 

 大人よりも子ども、男性よりも女性に多い

研究者たちによると、共感覚は大人よりも子どもにはるかに多く見られるといいます。

 

子どもたちの三分の一から二分の一が、共感覚的な知覚体験を報告してるそう。

 

また、ケンブリッジ大学の研究では共感覚を持つ男女比を1:6としており、女性の方が共感覚者が多いのだとか。

 

共感覚という特性は、そのほとんどがX染色体を通じて父親から娘へと遺伝するらしいですよ。

 

言われてみれば、共感覚の話を聞いた人たちは全員女性でした。

 

同じ世界だけど、違う世界を見ている

 共感覚の話を聞くと、私はうらやましくてしょうがなります。

 

一方で、共感覚が強いと大変なことも多いと聞きますよね。

 

子どもの頃だと、黒板見ると色がグチャーッとたくさん見えるものだから気持ち悪くなったり、テスト受けられなかったりなども聞くので単純に「いいなあ」なんて言ったら苦労も知らずに・・と思われるかもしれないのですが。

でもやっぱりカッコいい、うらやましい、という気持ちは消えない。

 

しかし、同じ世界を生きているつもりでも、案外違う世界を見てたりするもんなんだな、と改めて感じますね。

 

子どもの頃、「これ、私には赤に見えてるけど他の人はじつは緑に見えてたりして」とかよく考えてましたが、あながち全否定はできないかもしれません。

 

 

 

 

 

 \こんな記事もあります/