お金持ちは運がいい。運がいいことは生まれつきではない

 

最近こんな記事を読みました。

www.technologyreview.jp

 

内容はかいつまんでこんな感じ。

↓ 

世の中は実力主義で、才能や努力の結果が、金銭的な豊かさを決めていると多くの人は思い込んでいる。

しかし多くの研究で、裕福な人は概して突出した才能があるわけではないことがわかっている。では、裕福になる要因は一体何だろう? 

 

ひとつの答えとして、こんなイタリアの研究結果がある。

「最も富のある人々は最も幸運な人々でもあることは明らかです。また、富の少ない人々はまた最も不運な人々でした」

 

そしてこんな記事も。

president.jp

 内容はこんな感じ。

 ↓

運は生まれつき? そんなことはない。大部分は「選択」によってもたらされている。

 

では、運のいい人の性質とは? それは、新しい経験を積極的に受け入れ、外交的で、あまり神経質ではないこと。そして失敗にくよくよ悩まず、そこから学ぶ楽天主義であることが多くの研究でわかっている。

 

楽天主義は、運のいい人に最後までやり抜く力を与え、新しいことに前向きに挑戦させるため、いっそう良い出来事が起こるようになる。この上昇スパイラルが続き、ある時ついに大成功を呼び込む。

 

そんなわけで、常に新しいことにチャレンジしよう。そうすれば運に恵まれる。いつも同じことばかりしていると、これまでと同じものしか手に入らない。

 

もし成功への明確な道筋がなく、あなたが達成したいことに関する手本も存在しない場合には、途方もないことをやってみるのが唯一の打開策かもしれない。

 

 2つの記事をまとめるならば

 

幸運とは?

 運がよいこと。めぐりあわせがよいさま。しあわせ。

幸運/好運(コウウン)とは - コトバンク

 

幸運=運がよい

 

このことから2つの記事は合体できます。やってみました。

 

・裕福になる要因は才能ではない

・裕福な人は、運がいいこと

・運がいいことは、生まれつきではない

・運がよくなる秘訣は、新しいことにチャレンジすること

・失敗したら、そこから学び、また前向きに挑戦(楽天主義

・すると上昇スパイラルが続き・・・・

・大成功を収める→裕福になる

 

あれ? こう見てみると、研究に裏付けられているとはいえ、急にふわっとした印象に・・・。きっと、「運」「才能」「大成功」のワードのせいでしょうね。

 

さて、自分の周りの裕福層をざっと思い浮かべると、必ずしも当てはまりませんでした。 彼らは勤め人なので、どちらかというと創業者に、より適合する法則の側面はあるのかも。

 

 周囲の裕福層はどうか

自分の周りの裕福な人々はどうかといえば、上記のチャレンジしまくるタイプというより

 

・頭脳明晰である

・お給料の良い業界・もしくは会社に勤務している

・もともとお家が裕福

 

この2〜3つに該当する人々が多いです。

 

そして身もふたもない話ですが、もともと裕福なお家は、さかのぼるといわゆるお家柄、血筋が良い傾向にあります。

 

私しまくま周りの話とはいえ、生まれた家の家柄が良いのは、運がいいということでは? 先述の「運がいいことは、生まれつきではない」と矛盾が早速あるじゃないか。

 

と、ちょっと思ったりしますよね。

 

雑誌の特集は「人生を変える」ばかり

しかし、いかがでしょう。見てみてください。

 

f:id:shimakumasan:20180617222437j:plain f:id:shimakumasan:20180617222500j:plain f:id:shimakumasan:20180617222528j:plain

f:id:shimakumasan:20180617222558j:plain f:id:shimakumasan:20180617222627j:plain f:id:shimakumasan:20180617222657j:plain

(引用元:日経BP SHOP|商品一覧)

 

雑誌・日経ウーマンの特集名です。

最近はそれほど顕著ではないですが、めちゃめちゃ人生変えたがってますよね、とっても「私」を変えたがっていますよね。

 

だけど「私」も「人生」も変えられていないから、需要があるから、現状を打破したい人が多いから、何回も特集が組まれるのでしょう。

 

人生を変えたいからと特集を何回も読んでも、今までとは違ったアクションをとらずに「読む」だけの「同じこと」をしているから、同じ人生なままの人が一定数いるのかもしれません。

 

同じことばかりしてたら、今までと同じ

運が良くなりたい、裕福に、お金持ちになりたい、現状を何か変えたい、今の自分から変わりたい。

 

そう願うのであれば、記事と自分の周囲の状況を比較して「これは違うんじゃないか」「科学的根拠は?」「矛盾がある」と重箱の隅をつつくようなことに力を注がない方が得策なのでしょうね。

 

あれ、裕福とか運の話をしてたのに、気がつけば人生変えたい日経ウーマンの話って、関係あるの、繋がる?何なの? は? ・・・・重箱の隅をつつくことにエネルギー注がない方が得策なのでしょうね。。

 

記事や研究が本当なのか? 矛盾を感じる。自分の周りはそうじゃない。その主張も、もっともかもしれない。でも確実に言えることは。

 

そんなわけで、常に新しいことにチャレンジしよう。そうすれば運に恵まれる。

いつも同じことばかりしていると、これまでと同じものしか手に入らない。

 

 今までと違う何かをつかみたければ、違う行動をしなきゃいけない。

 

これは真理なんじゃないでしょうか。うん、そんな気がする。

 

 

 

おしまい