歯ブラシがない、歯磨き粉がないときの歯の磨き方

 

非常時や急な外泊、野宿するときなど、とにかく平常時と環境が違い、歯ブラシや歯磨き粉がないときって、ありますよね。

 

そんなときでも歯を磨く方法について。

 

お年寄りから聞いた昔の生活の話と、文明があまり届いていない地域への滞在期間が長かったので、そこで得た情報と、調べたことを合わせて、歯磨きの方法をお伝えします。

 

参考: 歯周病の予防 | 歯周病Q&A | 日本歯周病学会

          覚えてください、防災にオーラルケア。|サンスター|SUNSTAR|

 

 指+塩で磨く

 指に塩をつけて、歯をゴシゴシ磨きます。昔ながらの方法ですね。

 

歯肉もついでに磨くと気持ちいいです。

気持ちいいですが、歯肉を塩で磨くことに特殊な作用はありません。

 

粗塩だとかえって歯肉を傷つける恐れがあります。

私は気持ちよさを取って粗塩で行ってしまいますが・・。

 

磨いたら口内を水ですすぎます。

 

塩がなければ指だけでも、もちろんOK。

 

 

必要なもの:水、(塩)

 

 

木の枝で磨く

f:id:shimakumasan:20180708225618j:plain

引用:NPO法人日本ニーム協会 - ニームショップジャパン

 

自然の中で有効な磨き方です。

木の枝の皮を剥いで(先っちょだけでOK)、カミカミします。

 

虫除けとして名を知られるニームの木で磨くのをよく見かけました。

しかしちょうどよくニームがあることはほぼないですよね。なので、一時的に歯を磨きたいのであれば柔らかめの木の枝で代用を。

ちなみにニームは苦いです。

 

必要なもの:木の枝

 

 

ミントで磨く

ミントの葉っぱを潰して、歯を磨きます。

 

ミントは歯磨きの成分で使われるだけあって、さっぱりした清涼感が得られます。

ミントがなければ、清涼感のあるハーブで代用しましょう!

 

必要なもの:ミントの葉

 

 

布で歯を磨く

 水がない場合に。

指に布を巻いて歯を拭います。

歯がキュッキュッとするまで行うと気持ちいいです。

 

 

必要なもの:ハンカチなどの布

 

 

気分転換にもなる歯磨き

 

歯磨きは、ふだんの生活と違う環境にいるときはとくに気分転換にもなります。

以上のどれか一つでも、困った時の状況に合うものがあればと思います。

 

余談ですが、じつは歯磨き粉については、つけた場合とつけない場合で、効果の違いはほとんどないという報告もあるそうですよ。

 

じゃあなぜ歯磨き粉があるのかといえば、 

もし歯磨き粉が発明されていなかったら、人々は歯を磨くだろうか?
歯ブラシだけがいつもと同じ場所にあっても、今と同じ頻度で磨くだろうか?

〜中略〜

実は、歯磨き粉は代替報酬だからだ。人は「5年後には今より健康的な歯になりたい」などと思って歯を磨くのではない。人が欲しいのは・・・さわやかなミント味だ!

〜中略〜

人は、物事を長期的な目では見ずに、短期的に考える。ミント味はもはや習慣になっているから、その味がしなければ物足りないと感じるんだ。

お金と感情と意思決定の白熱教室: 楽しい行動経済学』より引用

 歯のためによい習慣づけをするために、歯磨き粉が存在するということですね。

 

 

おしまい

 

 

\こんな記事もあります/