社会人1年目がめちゃくちゃつらかった話と、やっておいてよかったこと

f:id:shimakumasan:20190116234409j:plain

 

社会人歴10年以上、転職は複数回していますが、そんな中でもダントツに社会人1年目がつらかったです

 

現在1年目を迎えているあなたはどうでしょうか?

 

先日、60歳近い人と、今年1年目を迎えた親戚が言っていたのは「1年目で7キロやせた」「8キロやせた」でした。ちなみに私は7キロやせてちょっとうれしかったです(←悪いやせ方ですが)・・・。

 

また学生時代の友人たちも1年目に頻繁に「つらい」と口にしていたのを思い起こすと、いつの時代も1年目はつらい、キツイと感じる人は一定数いるということですね。

 

ということで本記事では、 私個人の経験からになりますが

 

・何がそんなつらかったのか

・つらい1年目に、やっておいてよかったこと(←つらすぎて壊れないためにやったこと)

 

をお伝えします。

 

 社会人1年目、これがつらかった!

 

f:id:shimakumasan:20190116234718j:plain

 

ベテランから見たら何てことないことも、フツーにつらかった社会人1年目

 

また私個人の性質によるところもあり、一般的にはつらくないであろうこともキツかったです。

 

大まかにつらかったのは以下の通り。

 

・毎日同じ職場・時間に出社しなくちゃならないこと

・大量に知らない人ばかりいる

・各種飲み会・パーティ・イベント

・研修

・管理されている感じ

・ずっと座って仕事すること

・この仕事をやっても、手に職がつくわけじゃない絶望感

・この会社でしか通用しないスキルへの絶望感

・いつか機械にとってかわられる焦燥感

 

一つずつ見ていきます。

 

毎日同じ職場・時間に出社しなくちゃならないこと

急に生活が矯正され、地味にキツかったです。

 

肉体的にキツイのではなく、

「なんで毎日毎日同じ場所に行かなきゃいけないの? 同じくらいの時間に・・なぜ?」

 

という疑問で頭の中が支配されていました。納得ができないのに、強制的に足を運ぶわけで。

 

心と体が逆のことをしているのがシンドかったのかも。

 

この頃はおじさんを通勤電車で見るたびに、尊敬の眼差しを向けていましたねー。

 

「自分があれやりたいとか、これやりたいとか、会社行くのヤダとか関係なく毎日毎日会社行って、働いて・・・。そして時には怒られたり、つらいこともあったろうに・・・なのに家族のために毎日同じ時間に、同じ場所に出社して・・・グスッ。すごすぎ。オヤジ狩りする奴ら、デス!!!」 

 

みたいな暑苦しい思いで胸を熱くさせてました。

 

大量に知らない人ばかりいる

周りは全員知らない人。ストレスでした。

 

各種飲み会・パーティ・イベント

 すべて会社関係(つまり知らない人)との会合です。

 

大勢で飲んだり集まったりが基本的に苦手、でも一番下っ端なので強制参加、そして動かねばなりません。が、気の利かないので自分のポンコツっぷりに毎回絶望。とにかく会合は気が重いです。

 

同期飲みは、送別会以外は欠席してました。

 

研修

意味のない研修ばかりで、さっさと配属されて実戦で覚えたかったので苦痛でした。

 

またホテルで10日間以上缶詰めなときもあり、部屋で休んでいると近くの部屋から同期たちのキャッキャと楽しい声が聞こえてくるではありませんか。

 

それがまたつらさを倍増させるんですよねー。本当はどこかうらやましさがあったんでしょうね。

 

管理されている感じ

何もかも管理されている感じが、窮屈でした。

 

社員証を出入り口でピッとする形式で、それが行動監視されている気持ちになるんですよね。

 

実際ドアの外にいる時間が長いと、総務から指摘されたりした人も。「トイレにしては長くない?」って。ちょ、本当にトイレだった場合恥ずかしいんですけど・・。

 

ずっと座って仕事すること

学生時代まではずっと座ってるなんてありませんでしたからね。ちなみに窓が近くになく、それも気分が滅入りました。

 

でも座って仕事するのは、2年目に突入したら慣れました。 

 

この仕事をやっても、手に職がつくわけじゃない絶望感

細分化された仕事の、さらに細分化された感じの仕事をしていました。

 

業務が10で完成するとしたら、〜3までをずっとやっているイメージ。

 

10全部やりたかったのに、叶わない。会社を一歩外に出たら、使い物にならないと絶望しました。

 

この会社でしか通用しないスキルへの絶望感

上とかぶりますが。そう、この会社、もしくはグループ内でしか働けないと本気で焦りましたねー。

 

もともと「会社はいつかなくなる可能性がある組織である」を前提として生活していたので、苦労して一人前になっても、しょせんこの会社内だけの「一人前」。意味ないと絶望

 

いつか機械にとってかわられる焦燥感

業務をこなすうち、これは近いうちに機械ができるようになると感じ、かなり焦りました。

  

毎日「いつ辞めようか」を考えて過ごした1年目

f:id:shimakumasan:20190116235021j:plain

 

ざっくりとこんな具合でつらかったです。

 

どうってことないじゃないか、と思われるかもですが、実際とってもシンドかった。

 

もっともっと大変な思いをしている1年目の人がいるのも重々承知でしたが、それでも「明日にでも辞めたい」って日々を過ごしていました

 

今1年目のみなさんは、こんなの比較にならないくらい大変だよって人も多いと思います。

 

こんな私のつらさレベルでも1年目の頃は、2年目の先輩を見て「この人、1年間乗り越えて、今2年目なんだ・・」と驚きに満ちた気分に度々なったもんです。

 

そして冗談抜きで、毎日家から最寄り駅まで、そして会社の最寄駅から会社までの間、

 

「いつ辞めよう」「辞めたら次何しよう」「何て言って辞めようか」「誰にまず辞めると告げようか」。毎日毎日考えていました

 

でも、会社に行っちゃえばもう平気。働いてれば「仕事をする」しか選択肢がないですし、別にふつうに仕事をできるんですけどね。

 

とにかく毎日「いつ辞めよう」って思いながら日々が過ぎていきました

 

 

 つらさに飲み込まれないために、やってよかったこと

 

f:id:shimakumasan:20190116234739j:plain

 

で、そんな「いつ辞めよう」と毎日思ってるくらいだったら辞めればいいんです。

 

が、当時の私はどうしても辞められない事情があって、まだ同じ会社で働く必要があったんですね。

 

しんどいな〜と思ってたので、頭おかしくなったり、健康を害したりしないようにいろいろとためしていました。

 

一番効果があったと思うのは、

 

・寝る

・近視眼的にならないようにする

 

今いる会社のことで頭がいっぱいになっちゃうから、つらいんですよね。

 

うっかり会社が世界のすべてだと、どうしても思ってしまう

 

寝るは説明不要ですので、

近視眼的にならない具体的な方法は以下の通りです。

 

会社以外の居場所を確保する

会社の同僚としか話さないと、それこそ「世界=今働いている会社」になってしまいますから。

 

「〇〇会社所属の〇〇さん」ではない自分は死守しましょう。

 

どういう人生を送りたいのかを、考えまくる

どういう人生を送りたいのか、そしてその人生は、今の会社で働くことで実現できるのか? 今の仕事で手に入るのか?

 

遠くを見ておくと、いいです。

 

転職サイトをチェックする 

「私には今の会社しかない」「もうどこも雇ってくれない」「自分には需要がない」

 

そんなのは思い込みだったと実感するために、自分を追い込まないために求人をチェックします。ほかにも道はたくさんあるとわかると、気持ちが軽くなりますよ。

 

実際、第二新卒は求人多いですからね。

 

できそうな仕事、興味のある仕事をチェック

もっと自分に合う仕事はないかをチェックします。

 

こんなにつらいのは、慣れてないだけなのか、 それとも仕事の選び方が良くなかったのか。

 

それを見極めつつ、ざっと求人を眺めます。

 

「ピン」ときたり「おっ」と思ったり、とにかく何か気持ちに引っかかるものがあれば、それは何らかの理由があるはず。

 

  

 キャパオーバーになるくらい、頑張る必要はない

f:id:shimakumasan:20190116235406j:plain

 

ちなみに、もしもキャパオーバーになるほどのつらさなら、そんなに頑張らなくていいです。

 

これまで仕事が原因で心や体に異変が起きた人を実際に見聞きしていますが、やっぱり健康が一番なのです。

 

結局心や体に何か不快なことが起きるというのは、「何かおかしい、通常の状態ではない」のサインなのですよね。

 

若いとピンとこないと思いますが、健康で元気じゃないと、人生は楽しくないです。

 

人生において無理をしてでも、頑張ることが必要なときはたしかにあると思います。

 

ただ、それって今なのでしょうか? 

 

本当に頑張らなきゃいけないときは、不思議と心も体もつらくないもんなんですよね。どんなに体を酷使しても。 

 

なので不調が頻繁に出たり、何か心や体に違和感を感じてるなら、そんなに頑張る必要ないです。 そもそも違和感がある時点で、頑張らなくていい時期ってことなんですよ。

  

肩の力抜いていきましょう

f:id:shimakumasan:20190116235320j:plain

ということで、社会人1年目はつらいです。

 

肩の力抜いて、気楽にいきましょうね。

 

仕事中ずっと頑張る必要はないので、手を抜けるところがわかってきたら、どんどん手を抜いていきましょう。

 

 

おしまい