増毛パウダーを使用していると、MRI検査を受けられない理由

病院へ行ったら、待合所にこんな貼り紙が。

 

「増毛パウダーをご使用の方は、MRI検査を受けられません」

 

MRIといえば、金属を身につけてはいけないといったイメージですが、増毛パウダーもダメなのですね。

 

サクッと調べると『髪が吹き飛んだ』などの物騒な見出しなどが目立ちます。

 

えっ。そんなことってあるのでしょうか?

 

ということで、なぜ増毛パウダーを使用している人はMRI検査が受けられないのか、うっかり検査を受けたらどうなるのかなど、病院の貼り紙に加え、調べたことをまとめました。

 

危険なので、増毛パウダーを使用している方は、MRI検査の際は地毛のみで病院へ行ってくださいね。

 

増毛パウダーが機械を壊してしまう恐れがある

 

f:id:shimakumasan:20180502211425j:plain (引用: acworks)

 

増毛パウダーをした人が、うっかりMRI検査をすると

画像が乱れ、また機械を破損してしまうことがあります。

 

MRIは、強力な磁石でできた機械。磁気の力を利用して体を撮影します。そのため磁性体が含まれているものを身につけていると、影響が出てしまうのです。

 

増毛パウダーには、アイシャドウに使われている成分と同じものが入っているらしいです。

 

化粧品などについては、各病院のHPでもアナウンスがされています。

 

f:id:shimakumasan:20180502212505p:plain

AIC八重洲クリニックHPより引用)

 

件の『髪が吹き飛ぶ』は、パウダーが飛び散ったの意ということですね。

 

病院側は、増毛パウダーを使用しているかがわからない

増毛パウダーは、カモフラージュを目的としたもの。

 

そのため、病院側の先生たちは目視ではわからないそうです。

 

検査前は

・使用していることを申し出る

・検査前は使用しない(←成分が残っていると危険なので、やはり検査前の使用はやめたとしても、申し出る方が得策かと思います)

 

などの対策を!

 

増毛の場合はMRI問題ないのか?

「増毛パウダー」ではなく「増毛」の場合はどうなのか。

 

それは、問題ないそう。

『これは普通問題ありません。(私どもの増毛の場合です)』

増毛のプロの方の回答より)。

 

(私どもの増毛の場合)と注が入っているものの 、作りはどこの会社も概ね同じでしょう。

 

1件のツイートが貼り紙の大元か

さて、ネットで調べた際に「髪が吹き飛ぶ」などの記事が乱立していました。関連する記事を調べてみると、関連する記事はすべて2017年3月末と同時期。どうやらこの1件のツイートが発端のようです。

 

f:id:shimakumasan:20180502215838p:plain

 

それなりに話題になったようで、ネット上でたくさん記事があがっています。

 

結論

タイトルそのままですが、増毛パウダーを使用している方は、MRI検査を受けられません。

 

増毛パウダーにはアイシャドウと同様の磁性体の成分が含まれているため、画像が乱れたり、機械が破損する可能性があるためです。

 

受ける場合には病院の先生にお申し出を! 事前に分かっている危険や不安は、すべてなくしてから検査をしたいですね。

  

不要なのに、増毛パウダーをしていませんか?

さて増毛パウダーですが、必要じゃない人までパウダーを使用しているんじゃないかなあと思うのですが、いかがでしょうか。

 

他人から見てどうってことのない(というか気づかないこともある)ことも、自分のこととなるとすごく気になることってありますよね。私の場合ホクロがそうです。「気にならない」と言われても、自分はとてもすごく気にしてるんですよね・・・。

 

でもそれは、客観的指標がないからかもしれません。

 

薄毛に関しては薄毛レベルをチェックできる無料のツールがあります。

【薄毛レベル判定コンテンツ】

 

 夫がチェックしていたのですが、約20個の質問に答えると薄毛レベルと対策がわかります。

 

個人的には、もし「薄毛が進行している」と出てきたとしても男性はそのままの方がいいと思いますけどね。年を重ねてるのにフッサフサなのは個人的に好きじゃないだけなのですが・・。

 

ただ以前、髪の毛をマジックで書いているおじさまを2人見たことがありますが、マジックで書くのなら、何もしないほうがいいですし、するにしても違う対策にして欲しかったです。周りが困ってしまいますから・・・。

 

 

 

 

おしまい