ZOZO前澤さんの総額1億円のお年玉は、いいことしかない

 

話題になったZOZO前澤社長の、総額1億円のお年玉キャンペーン。

当選者が発表されましたね!

 

当選者へは、前澤さんから直接DMで配信されます。

 

 

「 心を込めて」がさりげなくグッときますた!

 

ご本人のツイッターや当選者へ届いたDMの内容を見ていると、本当に前澤さんご本人がメッセージしているようですね。100人を選ぶのも、メッセージするのもなかなか骨の折れる作業だったと思います。

 

しかもそれぞれの夢や目標に目を通してるっぽくて、DMに「〇〇、面白そうですね!」などコメントもつけてくれているようなんです。

 

 

さて、100万円当選者の一人に話を聞いたこちらの記事を読みました。

↓↓

 

ふだん車椅子を使っている寺田ユースケさん(@HELPUSH_STORY)という方に関する記事です。

 

寺田さんは動画で、100万円の使い道についてこのようにプレゼンしている。

「ZOZOの前澤社長からもらう100万円のお年玉で、100万円分の服を購入して、僕を含めオシャレがしたい障害のある方々100人に服をプレゼントして、一緒に堂々と100人で表参道を歩きたいです」

 

 また、ほかの当選者を見ると

「シェアアトリエを作りたい」

「子どもたちの航空券と国際音楽祭の企画で使用したい」

など、寺田さんを含め自分のためだけではなく、周りの人に還元されるような100万円の使い道を希望している人が当選されている傾向があるようです。

 

とはいえ当選者は100名。

 

今のところ当選者全員が「私、当選したよ」と発表しているわけじゃないですし、全員が社会のためになるような使い方を事前に明示していたとは言い切れませんが、それにしてもこの当選者の記事で、感情が大きく動いたのは間違く・・。

 

「最高の波が・・・できあがるやないかい!」と思ったわけです。

 

この総額1億円キャンペーンについては、広告費がとか株価がなど、いろんな前澤さん側のビジネス的なことが憶測されていますが、本記事では日本に住む一般市民としての、ただの感想を述べます。

 

 最高の波を起こしてくれた

100万円当たる

100万円当たった人、自分がやりたいと思っていたことをやる

それは周りのためになること

みんなうれしい、潤う

 

ポジティブな波しか起きてないですよね。最高やないかい! って思いました。

 

前澤さん一人がやったことで、当選した100人どころが、かなり少なく見積もってもその10倍の人数が「やったー!」と気持ちが上がるわけです。

 

 

f:id:shimakumasan:20190110151226p:plain

 

こう・・・シャーっと線がめちゃんこ出て、増えて、ってイメージです。

 

 

ほら、見てください、このいい波、セカンドウェーブを。ありがてえってもんですよ。

 

 

 

好きに使える100万円って、案外捻出できないんですよね。

 

家族がいればなおさらで、生活があるし、多額なお金の使い道は独断では選べない、教育費もある、やらなきゃいけないことも、やりたいこともある。日々の雑多なことにちょくちょくお金は消えていきます。

 

自分で稼いだお金や、家族で共有しているお金って、どうしても用途が生活を円滑・快適にするために充てられることが多くなりがちですからね。

 

 

しかし、こういう世の中の潤し方があるんですね〜。 感動に近い感情が湧いてきました。

 

行動を促す

 返報性の原理じゃないですけど、前澤さん(他人)からもらった100万円だということが、当選者の行動を促します。

 

前澤さんに直接お返しをするわけではなく、ペイフォワード的になりますが。

 

日々生活していると、行動を起こすのに腰が重くなりがちです。行動を起こすハードルって、事が大きければ大きいほど高めになりますよね。 

 

だから「お金があったら〇〇するのに」と思っていたとして、たとえ自分でお金を作れても案外行動しないわけです。

 

そこに他人からパッと100万円もまとめてもらったら、「〇〇します」とすでに宣言している以上しないわけにはいかない。

 

行動を促す力があるのも、いいなあと思いました。

 

 

夢がある 

f:id:shimakumasan:20190110225052p:plain

 

結果はどうであろうと「 100万円当たったら、何に使おう」と想像を巡らせるので、それだけで夢があります。

 

子どもの頃、1度はやった事がありますよね。「100万円あったらどうする?」って。

 

私は100億あったらどうするか、とかはいまだに考える事がありますが、まあ現実的ではないわけで。

 

だけど今回の場合はかなり現実的に考えられるし、ワクワクします。無理だろうと思っていても、当選するんじゃないかとドキドキしたり。

 

「100万円がポンと手に入ったら、どうする?」

現実的に考えさせてくれる機会をもらえるだけで夢をもらえました。

 

楽しい

単純に楽しいです。明るい話題ですし、一般市民も参加できるし、しかもお金ですし。祭りです。楽しいです!

 

スカッとする

日本にいると、たまに勝手に閉塞感を感じるときがあるのですが、皆さんはどうでしょう。

 

しかし今回のように世間をいい意味で湧かしてくれると、閉塞感はどこへやら、スカッとした気持ちになります。

 

気持ちいいお金の使い方ですし、度肝抜かれましたし。祭りごとは、やっぱりスカッとしますね。

 

 

前澤さん、楽しかったです

f:id:shimakumasan:20190110225229p:plain

 

 私はこのキャンペーンにきっちり乗り遅れて応募できなかったのですが、端から見てるだけでも楽しかったです。

 

今まで前澤さんにとくに何の感情も抱いてなかったのですが、お金の気持ちいい使い方、そして決定打としては当選者の記事を見て、「最高の波や・・!最高の波を作ってくれたんや・・・・!」と胸熱に。そしてワクワクしたのでファンになりました。

 

色々書きましたが、ただ単純に楽しかった。いいことしかないです。

 

また本記事で「当たった100万円を、人や社会のために使う」流れが素晴らしい的なことを述べましたが、

 

一方で全部自分のために・・それは例えば、自分の生活を立て直すために勉強代にするだったり、一人暮らしするための費用に充てるだったり。

 

はたまた高級な焼肉とステーキを100万円尽きるまで毎日交互に食べるとか、しばらくニートになるとかでも何でもいいのですが、

 

そうやって多様な使い方がされていたら、さらにスカッとして、未来の明るさを見出せそうです。

 

 

おしまい